”てお”去勢手術をしました~★ 手術前の注意点などまとめました!

9月15日(土)に「てお」の去勢手術をしました✨

5月末に保護をしてから4ヶ月、早いもので生後6ヶ月を迎えました😺

もう4ヶ月も一緒にいるなんて!!月日の流れは速いですよね💦
両手にちょこんと乗っていた小さな”てお”が、今では「よっこいしょ」と言いながら抱きかかえています(笑)

スポンサーリンク

去勢手術について

避妊・去勢手術はだいたい生後6ヶ月頃からできる手術なので、今月に入ってから「そろそろだな~」と一人でそわそわしていましたが、予定の空いていた15日に手術の予約を入れることができました!

去勢手術は、術野がとても小さく、手術時間も10分程度(麻酔をかけて覚めるまでの時間を合わせると30分ほど)の簡単な手術なんですが、やはり全身麻酔をかけるので前日の夜は心配でたまりませんでした…😅

動物病院で働いていた時は、しょっちゅう立ち会っていた手術なんですけどね…
どんな手術を行うのか知っているんですけどね…

やっぱり、飼い主なので親なので心配なんですね…これが…(笑)

手術前のルール

さて、話は変わりますが、
避妊・去勢手術に限らず、手術を行う前には「食事」について少しルールがあります。

それは、手術の約12時間前から「絶食」約6時間前から「絶飲」をして、胃を空っぽにしておかなければならない!ことです。

理由は、胃の中に食べ物や水が残っていると、全身麻酔の影響で胃から食道へ逆流してしまうことがあります。もし、麻酔中に逆流してしまったら呼吸ができなくなり窒息してしまう可能性があるからです。

そんな事故を防ぐためにも、このルールも守ることは非常に重要です⚠

”てお”も、前日の夜は8時までにご飯を食べさせ、当日の朝6時頃には水も飲ませないように水飲み容器を取りました。

お腹が空いた~と鳴かれると可哀そうで思わずあげたくなりますが、そこはぐっとこらえて我慢してもらいましたよ~😣

動物病院にて~お預けまで~

そして、午前9時頃に動物病院へ連れていきました🏥

病院に着くと先生から、「体調に問題はありませんか?きちんと絶飲・絶食させましたか?」と質問があり軽く視診をしてから、いよいよお預かりです!

実は、私は去勢手術のほかにもう一つお願いしたいことがありました。

それは、乳歯の抜歯です。

”てお”は、上の犬歯が2本ずつ生えている状態でした。

つまり、乳歯と永久歯がどっちも生えていたんですね~💦

こんな状態でした☟(ブレブレですみません)

そのことを先生に伝えると、
乳歯は、だいたい生後10ヶ月頃まで生え変わるから、もしかしたら今後抜けるかもしれない。
でも、抜けなければその時にまた麻酔をかけて抜歯手術を行わないといけないから二度手間だよね~」
と言われました。

いや~、もう一度手術はきついわ…(笑)

そう思ったので、「先生から見て、今後抜けそうじゃないほどガッツリ生えていたら抜いてください!」とお願いしました😁

そんなやり取りの後、”てお”をお預けしました。

あ~、どうかお利口さんでいてくれますように…🙇

動物病院にて~お預け中~

病院に預けた”てお”は、まず血液検査を行って、12時以降に手術が始まります。

そして、無事に終わったら私に連絡が入り、問題がなければ夕方お迎えに行きお家に帰ります🎵

猫の去勢手術は、手術の中では小さな手術なので日帰りできます!
(猫の避妊手術や犬の避妊・去勢手術は1日お預かりが一般的)

しかし、やはり全身麻酔をかけての手術なので、病院によって考え方が違い、どこの病院でも日帰りできるわけではありません

今回”てお”の手術をお願いした病院や私が勤めていた病院では日帰りできましたが、私の友達が勤めている病院では1日お預かりみたいです💡

皆さんの愛猫ちゃんが去勢手術を受けるときは、必ず確認をしてくださいね👌

お近くの動物病院を検索☟

私は、”てお”が病院にいる間、買い物をしながら時間をつぶしていましたが、落ち着かず何度も時計を見たり、スマホを見たり、そわそわしておりました(笑)

14時頃に病院から「無事に終わりましたよ~夕方お迎えに来てください!」と連絡があった時は、心からホッとして緊張から解き放たれましたε-😌ホッ

お迎え!!行われた処置と”てお”の状態

そして、18時前に病院へお迎えにいきました🚗

まず、血液検査と手術の報告、お会計をしました。

検査結果は、問題ありませんでした👍

手術については去勢手術と、思ったよりガッツリ生えていたということで乳歯抜歯までしてくれたようです✨

よかった~~~‼

そして、思わずびっくりしたことが!!!

「暴れることもなく、とってもおりこうさんでした(^^♪」

先生のその言葉に思わず「えっっっ‼😲😲😲」

家では、誰よりも暴れん坊で噛みついて引っ掻いてくる”てお”がお利口さんだと??

にわかには信じがたい言葉でしたが、「本当におりこうでしたよ~」と2回も言ってくださったので本当なのでしょう(笑)

病院では上手に猫を被るんでしょうね…💦

まあ、私は先生や看護師さんが血だらけのケガをしているのではないか、と心配していたのでよかったです😅(笑)

それから”てお”とご対面✨

本人はきょとんとした顔をしていましたが、大きな出来事を乗り越えた”てお”はいつもより愛おしく可愛くみえました💕

お家に帰ってから

お家に帰ってからの”てお”は、何だか落ち着かない様子でしたが、しばらくしたら眠りにつきました💤


(術野の茶色いシミはイソジンです。これはオキシドールで拭けば綺麗に取れるんだけどな~ブツブツ…

当日のご飯は、「あげてもいいけどいつもより少なめで」
ということでしたので、いつものカリカリをあげましたが、麻酔がまだ少し残っているのと、歯を抜いた痛みであまり食べなかったので、パウチを混ぜたらよく食べてくれました☺

それから、抗生剤の薬を約1週間分もらいましたが、当日は注射を打っているので翌日から★

”てお”は食欲のかたまりなので、ご飯と一緒に食べてくれると思ったら食べてくれない‼
缶詰に混ぜても、おやつに仕込んでも器用に残す‼

口に直接入れて飲ませています😅 これが嫌がって大変なの…💦

そんなこんなで無事に去勢手術を乗り越えました😁

ちなみに、、、

去勢手術をするとホルモンのバランスが変わって大人しくなる!!

ということをよく耳にしますが、”てお”の場合、

まったく変わりませんでした!!!!

良くも悪くも元気いっぱいで、部屋を駆けまわりイタズラを繰り返しています😅

まあ、元気が一番でしょう🎵

今回も最後までありがとうございました🙋

これからも”てお”を見守ってくださるとうれしいです😻


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。