糞便検査と1回目のワクチン接種をしに動物病院に行きました~!

6月14日(土)に、子猫「てお」の糞便検査と1回目のワクチンをうちに動物病院に行きました!

今回は、その日、動物病院で行ったことをまとめていきます💪

最後までよろしくお願いしますm(__)m

スポンサーリンク

動物病院にて

 

糞便検査

突然ですが、実は、、、うちの”ておくん”、お腹に虫がいたのです!!!😱

その虫の正体とは、、瓜実条虫

てお専用のトイレや寝床に瓜実条虫の片節(体の一部)がたくさん転がっていました💦

内部寄生虫についてはこちら☟の記事をご覧ください✨
人にもうつる! 犬・猫のお腹の虫を詳しく解説☆

2週間前の土曜日にブロードラインという、首元に垂らすスポットタイプのお薬を処方していただき駆虫をしていたので、今回はきちんと駆虫できているか確認するための検査をしてもらいました👍

ここでちょっとお勉強✐
糞便検査は、主に「直接塗抹法」「浮遊法」の2種類を行います。

直接塗抹法は、少量のウンチを生理食塩水で薄めたものでプレパラートを作り、顕微鏡で見る方法なので短時間で検査結果が分かります。

この検査では、細菌の動きや消化の状態、虫卵の有無などを確認できます。
虫卵の有無に関しては、少量のウンチしか使用しないので正確性に少し欠けます。

一方、浮遊法は、試験管などにウンチを入れて少量の飽和食塩水で溶かした後、表面張力ができるくらいひたひたに飽和食塩水を入れ、数十分待ちます。
その後、水面をカバーガラスに付け、プレパラートを作り、顕微鏡で確認します。

なんのこっちゃ!という感じですが、要は、時間がかかる方法なのです(笑)

この検査では、虫卵の有無を確認できます。
ウンチを多く使用するので、直接塗抹法よりも正確に検査することができます。

今回、ておの糞便検査は2種類行ってもらいましたが、浮遊法は時間がかかるので結果がでたら電話で報告してもらうようにしてもらいました📞

気になる結果は…??
「陰性」
でした🎉👏👏

ワクチン接種

さあ、てお、緊張のお時間です。

まず、体重測定。
保護した2週間前の体重は、650gでした。

どのくらい増えたかな~🎶

1.06kg!!!!

すっごい増えてる!1.5倍以上ですよ!!
お母さんは、すくすくと育ってくれてうれしいよ😭

それから、簡単な健康チェックをしていよいよ本番★

なんか、すごーく嫌がってくねくねしてましたが、案外お利口さんにしてくれたと思います👌

ワクチンの種類ですが、ておは完全室内飼いにしますので3種を選択しました~

ワクチンの種類については、こちら☟の記事をご覧ください!
完全室内飼いには無縁?猫の混合ワクチン接種について

ワクチンの接種時期については、こちら☟の記事をご覧ください!
ワクチンっていつ打てばいいの?タイミングと接種前後の注意点

ワクチン接種後は、副作用が起こる可能性がありますので、15分くらい待合室で様子を見ていました。

副作用については、こちら☟の記事をご覧ください!
ワクチン接種の危険性。副作用ってどんなことが起こる!?

待っている間も鳴くこともなく、キャリーの隙間から私の手に触ろうとしたり、まったりしたり、本当にお利口で安心しました😆

次のワクチンは約1ヶ月後ですが、その時も今回みたいに大人しくしてくれれば嬉しいです💕

おまけ:自分のしっぽで遊ぶ「てお」

 

自分のシッポが1番のおもちゃ🎵 #子猫 #しっぽ #おもちゃ #一心不乱

ておくんの成長記録さん(@theo_531)がシェアした投稿 –

まとめ

猫を飼うということは、いろいろなことに気を使い、その子の命を守らなければならないので本当に大変なことです。

私は、今までたくさん猫を飼ってきましたが、今回ておを家族に迎い入れ、予防や治療をしていく中で改めてその大変さを実感しました。

小さくて、顔もやることも全て可愛くて、愛おしい存在の「てお」🐱

これから、この命に責任を持って守って行く決心をしました💪


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。