ビッグニュース!子猫を保護しました…!!【前編】

5月最後の日。
いつもと何の変わらない普通の日。

そう思っていたのに…

ある一声が私の耳に入り込んだ瞬間、普通の日から一転、ひとつの命が救われた日に変わりました。

この日に起こったことを覚えている限り、書き起こします。

今回は、少し長くなるので2部構成にします。まずは、前編をご覧ください。

スポンサーリンク

SOSを受け取ってから保護に至るまで

2018年5月31日 午後12時半頃
私は職場の休憩室でお昼ご飯を食べ終え、雑談しながらゆっくりしていました。

その時…

「みゃーみゃー」とものすごい近くから子猫の声が!!😲😲
(休憩室は一階にあり、私は窓際にいつも座っています。)

「ええええーーーー!!!
こんなところに子猫?
大きな道路が近くにあるし危ない!助けないと!」

そんな思いが頭の中を駆け巡り、外に出て子猫の姿を必死に探しました。

そしたら。。。いました!🐈

窓の冊子部分(外側)に丸くなって座っていました。

その子は、驚くことも逃げることもせず、私にすんなり保護されました☺

まずは、健康チェック。

〇ノミだらけ。(やばいレべル)
〇結膜炎・鼻水ジュルジュル(やばいレベル)

はい、飼い猫でないこと確定!捨てられたか…?😪

でも、どうしよ。。。

まだ、仕事中だし。。。

ほっとけないし。。。

とりあえず、上司に確認したところ、
私が帰るまでは、職場で保護していていいとのこと👌

あー、いいお方😆

元気はそこそこありそうなので、急いで近くのコンビニでパウチ(子猫用の総合栄養食はありませんでしたが)を買い、食べさせてみました。

モリモリ!バクバク!!

あー、よかった🎵
そこまで衰弱していないな~

そう判断したので、飲み水を入れて、脱走しないように対策をしてから仕事に戻りました。

仕事中も気になって気になって、、、
でも、その気持ちをぐっとこらえてお仕事をしていました(笑)

そして時間は経ち、お仕事終了!(*’▽’)

どうしてるかな~と覗いてみたら、爆睡中でした♡

これからやらなければならないことが沢山!!!

まずは、動物病院へ行くことから🏥

今日は忙しいぞ!!💦

前編のまとめ

私の職場は、事業所はありますが人家は少なく、今まで野良猫を見たことはありませんでした。

そんなところに子猫が一匹だけいるなんて、本当におかしいなと感じています。

きっと、人が連れてきて置いたんだと(断定はできませんが)予測しています。

こんなに小さい子がお母さんからも兄弟からも離されて、一人で寂しい思い・ひもじい思いをしながら必死に助けを呼んでいたなんて、とても胸が痛みます。

今この子は、私の家でお腹いっぱいご飯を食べて、暖かい寝床で安心して眠りについています。

もう辛い思いはさせたくない、幸せだけを感じて生きてほしいと願います。

さあ、大変なのは病院に行き、お家に連れて帰ってから!

怒涛の1日後編は、次回、お話いたします🎵


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。