【犬猫】熱中症の症状とは?確実に助かる応急処置の方法について

毎日毎日、暑いですね~💦

先日、私は愛犬の散歩に夕方行った後、熱中症になってしまいました😱

高齢の愛犬は元気ピンピンなのに、私がバタンキュー…

でも、愛犬が体調を崩さなくて本当によかったです☺

熱中症は、いくら気を付けていても少しの体調の変化などでかかってしまうことがあります。

それは、人だけでなく犬や猫も同じです🐶😺
(猫は祖先が砂漠出身なので、暑さに強いのですが…)

今回は、犬や猫が熱中症にかかってしまった際に現れる症状応急処置の方法についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

熱中症の症状について

ひとことで熱中症といっても、症状には段階があり初期に気づき適切に処置を行えば、病院に行かなくても回復することがあります。

しかし、犬や猫は話すことができませんので、気付いたらかなり進行していたという事例が多いです。

初期症状進行したときの症状を知り、すぐに対応できるようにしましょう。

初期症状

・呼吸が荒い(ハァハァしている・パンティング)
・よだれが大量に出ている
・体温がいつもより熱い
 (平熱38~39℃以下なので、40℃以上だとかなり危険
・うろうろする、落ち着きがない
 (涼しい場所を探すため)
・呼びかけても反応が鈍い
・動きたがらない
・少しふらつく

進行した時の症状

・体温が非常に高い
 (40度を超えたらかなり危険
・目が充血している
・舌、歯茎などの粘膜が異常に赤い
・下痢、嘔吐、血尿をしている
・意識がない
・けいれんしている

※体温を測る場合は、直腸温(体温計をお尻の穴から差し込む方法)を計測してください。

体温の測り方は、こちら☟の動画をご覧ください

初期症状に気づき、早急に処置を行えば元通りに元気に回復する可能性が高いですが、症状が進行し、かつ処置が遅れれば亡くなってしまうことがあります

私が以前働いていた動物病院でも、毎年1~2匹ほど熱中症でわんちゃんが亡くなっていました。

現れる症状を知っているだけで、いざその場面に遭遇した際も冷静に状況を判断できるようになりますので、知識として持っていてください‼

応急処置の仕方

愛犬や愛猫が熱中症にかかったかな?と感じたとき、そのあとに飼い主さんが行う応急処置のやり方次第で、死亡率を格段に低くすることができます。

以下の順序に沿って応急処置を行いましょう。

1、涼しい場所に移動させましょう

室内ならクーラーが効いた部屋、屋外ならば直射日光が当たらない日陰に連れて行きましょう。

後で、体に水をかけるのでお風呂場でもいいです👌

2、水が自力で飲めるようならば飲ませましょう

意識がはっきりとあり、自分から水を飲んでくれるようならば飲ませます。

この時、意識がない、または、意識はあるが飲みたがらない場合に無理に飲ませることはしないでください‼

気道に入り込み、窒息してしまう恐れがあります。

3、体に水をかけて風を当てましょう

愛犬や愛猫の体に大量の水をかけ、扇風機やうちわなどで風を送りましょう

この時、しっかりと地肌に水をかけてください!被毛だけでは意味がありません!

犬や猫は、汗を肉球からしかかけないので、熱を外に出すことが非常に苦手です。
水を全身にかけて、風を送ることで気化熱が奪われ、体温を下げることができます。

4、保冷剤や氷で太い血管を冷やしましょう

保冷剤氷のうなどがある場合は、太い血管が通っている3つの場所(首元わきの下内ももを冷やしてあげることでより早く体温を下げることができます。

短毛種や毛が薄い場所に保冷材などを当てる場合は、直接当ててしまうと冷たすぎてしまいますので、タオルにくるんでから当ててあげましょう。

5、進行した症状が現れていた場合は、病院へ連絡をしましょう。

応急処置を行う前の状態が、前章の「進行したときの症状」が現れている場合は、応急処置を行い症状が落ち着いたとしても、動物病院に連絡をしましょう

熱中症の症状は、今現れている症状だけではなく、時間が経ってから現れる症状もあります

進行している症状が現れた場合は、内臓機能が低下し異常を起こしている可能性もありますので、検査や治療を行う必要があります。

応急処置をした上で、「このような症状が現れて、このような処置を行いました」ということを動物病院へ連絡し、指示を仰いでください。

6、体温が下がりすぎないようによく観察をしましょう。

一通り、応急処置が完了したらしばらく様子をみましょう。

体温が39度台になったら、冷やすことをストップしてください。

冷やしすぎることもよくありませんので、体温計できちんと測り判断してください。

まとめ

もし愛犬や愛猫が熱中症にかかり、ぐったりとしている姿を見たとき、ほとんどの飼い主さんは驚き、何をすればいいのか頭が真っ白になってしまうと思います。

しかし、そんな場面に遭遇した際も、現れている症状をしっかりと把握していれば、今起こっている状態が「熱中症」であることがすぐに分かりますので、その後の応急処置も冷静に対応できます

熱中症は、迅速な処置が必要となりますが、まずは、飼い主さんが落ち着いて対応してくださいね‼

大丈夫です。きっと命を救うことができます。

一度、深呼吸をしてから、応急処置の順序に沿って介抱してあげてください☺

関連記事
犬の熱中症について詳しく☟
犬の夏バテ・熱中症の症状とは?放っておくと命の危険も!!

室内犬の暑さ対策について詳しく☟
室内犬の暑い日のお留守番!熱中症対策とオススメグッズ☆


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。