犬の口が臭い!!口臭の原因と予防法について

わんちゃんの飼い主さん、わんちゃんと触れ合っているときに、ん?この子、口が臭い…と思ったことありませんか?
せっかく楽しんでいるのに、口臭が原因でごめん、あんまり近くに来ないで…💦と遠のけてしまうのは寂しいことです。

きつい口臭がしてしまう原因はいくつか考えられます。
口の問題は体全体の問題に繋がりますので、“ただの口臭、臭いのを我慢すればいいや!”と軽く思っていてはいけません!

今回は、犬の口臭についてお話したいと思います🎵

 

スポンサーリンク

口臭がする原因

口臭がしてしまう主な原因は、「」と「内臓」が考えられます。
それぞれについて、以下で詳しくご説明します。

歯が原因の場合

わんちゃんの歯が、黄ばんでいたり茶色くなっていたりする場合は、歯に歯石が付着している状態です。口臭の犯人はこの歯石です。

歯石は、歯垢(しこう)が固まり硬くなったもののことです。
歯垢(しこう)は、食べ物のカスや菌が固まったもののことで、犬の歯を触ったときにネバネバしたものが手に付くと思いますが、これが歯垢です。

歯垢は上手に歯磨きをすれば、取り除くことができますが、歯石は、歯ブラシで磨いても取ることができないため、口の中で菌が繁殖し続け、歯周病となり口臭を引き起こしてしまいます。

??歯垢や歯石を放って置くとどうなる??
歯垢や歯石をそのまま放置してしまうと、様々な恐ろしいことが起こることがあります。
例として3つご紹介します。

〇歯が溶けてボロボロになり、さらに顎の骨まで溶けてしまう
〇歯茎に膿が溜まり、破裂して膿が流れ出てしまう
〇口の粘膜から血液に菌が入り込み、心臓や肝臓、腎臓などの臓器に病気をもたらす

上で挙げた例はほんの一部ですが、放置してしまうととても危険な状態に陥ってしまう可能性を高めてしまいます。

歯石をきれいに取り除くには、全身麻酔をかけて行う歯石除去手術など、医療行為を行う必要があります。

内臓が原因の場合

内臓が原因の場合、胃・肝臓・腎臓に問題が生じている場合や腸内環境が乱れている可能性があります。

歯をティッシュなどで拭き、匂ってみたときに臭いにおいがしなければ、歯が問題ではなく内臓に問題があると思われます。

この場合、口臭以外にも
〇食欲不振
〇元気が無くなる
〇嘔吐
〇下痢 など
の症状が同時に見られます。

この場合、治療が必要となりますので、これらの症状が現れたときは、早めに動物病院に連れていきましょう。

予防法とオススメの口臭対策グッズ

歯が原因の場合

歯磨きをしよう!

歯が原因の場合、普段からのケアで予防することができます。
歯磨きをする‼”と聞けば、ハードルが高いと思いますが、最初は口を触らせる訓練から行いましょう。

手で犬の口に触れる→褒める→触れる→褒める…これを繰り返し慣れさせます。

次は、ガーゼを人差し指に巻き付け、水で少し濡らし、犬の口に当てます。

同じく、当てる→褒めるを繰り返して慣れさせます。

これに慣れたら、そのガーゼで歯を磨きましょう。これも褒めながら慣らせてください。

ガーゼで磨けるようになったら、歯ブラシの登場です。

ガーゼの時と同様に、まずは口に歯ブラシを当てることから慣らしていき、最終的に歯ブラシで磨けるように少しずつ進めていきましょう🎵

大切なことは、「必ず褒めながらすること‼」です。

犬の歯磨きに便利なグッズ

〇磨きやすい歯ブラシ

こちらは、犬の歯にフィットするように傾斜を付けているため、持ちやすく磨きやすい歯ブラシです!レビューでも高評価です👍

こちらの歯ブラシは、ブラシ部分が長く、山型にカットされているため、歯磨きに時間をかけられなくても、奥歯までしっかりと磨くことができます!

実は、犬の歯磨きには、今ご紹介したような「犬専用の歯ブラシ」でなくても「幼児用」の歯ブラシで代用できます。
しかし、歯磨き初心者の方は、犬用の歯ブラシの方が断然磨きやすいですのでオススメします✨

〇美味しい歯磨き粉

歯ブラシだけでは、わんちゃんも喜んで歯磨きをさせてくれない場合が多いので、味付きの歯磨き粉を付けて、歯磨きは美味しいこと!という印象を与えてあげましょう🎵

Amazonで高評価の歯磨き粉です!
リーフの香りってなかなか想像できませんが、レビューを読んでみると「甘すぎない良い香り・犬が嫌がらない香り、味」という意見が多かったです♬

こちらの歯磨き粉もなかなかの高評価商品です!
ローストチキンフレーバーなんて美味しいそうです♡が、レビューでは、あまりチキンの香りは感じないという方もいました。
しかし、わんちゃん達にとってはとても美味しい大人気の歯磨き粉のようです!

〇歯ブラシでは磨けない場合はシートを使用しましょう

歯ブラシが使えない場合は、このような商品をオススメします!
歯ブラシで磨くことには劣りますが、シートで歯を拭くだけでも口臭が予防できます。
こちらの商品は、犬が好む味が付いているので、喜んで拭かせてくれる子もたくさんいるようです😁

〇歯ブラシも、歯磨きシートもダメなときは…
歯磨きガムなどデンタルグッズを利用してケアを行うことができます。

こちらは、私が勤めていた動物病院で一番人気だったガムです★
…と言っても、私が知っているのは「ベジタルチュウ(通称:ベジチュウ)」というガム。
今、検索したら名前が変わっていてビックリ😲 時は流れているのですね…(笑)

とても美味しいらしく、多くの飼い主さんが、「夢中になって黙々とカミカミする!」とおっしゃっていました!!

こちらのグリニーズも動物病院で扱っている商品で、大人気のガムです!
楽天でのレビューの多さに驚きました!!
ベジデントフレッシュよりも、小さめなのでおやつ感覚で気軽にあげられる点がいいですね🎵

なんと、飲み水に入れるだけで口腔ケアができるという画期的な商品もあります!
さすがに、飲むだけで歯垢や歯石が取れるわけではありませんが、歯垢が付きにくくなるようです。
口臭がずいぶん軽減されたというレビューもありますので、一度試してみる価値あり‼な商品ですね!

また、動物病院で健康診断を兼ねて歯磨きをしてもらってもいいと思います。
いずれにしても、歯のケアはとても重要です。

内臓の病気が原因の場合

病気になるリスクを低くするために、なるべくストレスが掛からない環境を提供してあげることが重要です。

また、市販のフードを与えている場合、良質な素材を使用しているフードに変更することで改善する場合もあります。


動物栄養学博士が監修した愛犬用サプリ【キュアペット】

こちらの商品は、いつものご飯にかけるだけで、腸内環境を改善してくれるサプリメントです。
フード自体を変えなくても、このようなサプリメントを使用することで口臭と共に体の中も整えてくれます!

人も、体調により口臭がしてしまうことがあります。

犬も同様なので、良いご飯を与えたり、サプリメントを与えたりして、そもそも体調を崩さないようにしてあげることが重要です。

まとめ

いや~な口臭は、ただ臭いだけでなく病気の原因となってしまうことがあります。

特に歯のケアに関しては、人は、毎日、朝・昼・夜と歯磨きをすることが当たり前ですが、犬が歯磨きをするという考えが、まだ定着していないように思います。

犬もご飯を食べるのですから、歯が汚れることは当然であり、汚れは取り除かなければ、溜まり続けてしまいます。

この記事をきっかけに、歯のケアについて考えてもらえれば嬉しいです🎵
口臭を感じたら、何かしらの問題がわんちゃんの体で起こっていますので、一度動物病院で診てもらうことをオススメします☺


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。