風邪症状を引き起こす「犬アデノウイルス2型感染症」とは?

今回は、犬の混合ワクチンで予防できる病気犬アデノウイルス2型感染症についてお話します。

以前の記事「わんちゃんの風邪」の記事でも少しご紹介した病気となります。
この病気は、感染したからといってすぐに命に関わるほど重い病気ではありませんが、状況によっては重症になってしまうケースもありますので、詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク

犬アデノウイルス2型感染症とは?原因と感染経路

犬アデノウイルス2型感染症は、病名の通り“犬アデノウイルス2型”に感染することによって発症する病気です。

犬アデノウイルスは2タイプあり、1型は肝炎を引き起こす「犬伝染性肝炎」、2型は風邪症状を引き起こす「犬アデノウイルス2型感染症」となります。

ウイルスは感染している犬の唾液や鼻水、尿、便に含まれており、直接感染源に触れてしまうことで感染します。
また、感染した犬がくしゃみをすることでウイルスが空気中に排出され、それを吸ってしまうことで感染することもあります。

症状

〇発熱
〇食欲不振
〇元気がなくなる
〇くしゃみ
〇鼻水
〇咳(乾いたようなしつこい咳)
〇肺炎(重症の場合) など

一般的には普通の風邪症状で、免疫力がしっかりとある成犬は、2週間ほどで自然治癒することも多いです。
しかし、免疫力が弱い、または弱っている場合は重症化してしまう場合が多いので、子犬高齢犬他の病気にかかっている犬の場合は注意が必要です。

成犬の場合も、他のウイルスと混合感染することで重症化し、亡くなってしまうこともあるので決して簡単に考えてはいけない病気です。

治療法

犬アデノウイルス2型自体を撃退する方法はありません。
そのため、二次感染を起こさないように抗生剤を投与させたり、症状の程度によっては点滴をしたりなど「対症療法」を行います。

私たち人が風邪をひいた時も同じですが、犬も風邪症状が現れると、とてもつらく苦しい思いをします。
お家では、少しでも早く回復できるように、高栄養の食事を与え、脱水症状にならないように水分も十分に補給してあげましょう。

予防法

犬アデノウイルス2型感染症の最も効果的な予防法は、混合ワクチン接種です。
(混合ワクチン接種についてはこちらの記事へ!!)
特に、子犬の時期は、適切な時期に適切な回数接種することで、十分な免疫を得ることができます。
(ワクチン接種プログラムについてはこちらの記事へ!!)

感染症の予防は、ワクチンを接種したから100%予防できるわけではありませんが、接種していると感染するリスクをかなり軽減させることができます。

しかし、ワクチンはデメリットもありますので、かかりつけの獣医師さんに相談をしてから接種することを決めてくださいね🎵

まとめ

犬アデノウイルス2型感染症は、亡くなってしまう確率はそこまで高くありませんが、感染してしまう可能性はとても高い病気です。
人の風邪は風邪薬を飲んで寝てれば治る!ということもありますが、犬の風邪は人の風邪のように“ただの風邪”で済まないことがあります。

重症化して命に関わることもありますので、風邪症状がみられた時には必ず動物病院へ連れて行ってくださいね❗
何よりも予防できる病気ですので、かからないように予防することが重要です!(^^)!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。