犬の夏バテ・熱中症の症状とは?放っておくと命の危険も!!

最近、暑くてジメジメした日々が続いていますよね…☀

暑いのが嫌いな私は、すでに夏バテ気味で生きているだけで精一杯です😱(笑)

私たちも暑さにより体調を崩すことがありますが、犬にも人と同じように夏バテしたり、熱中症を起こしたりします。

犬は元々暑さに弱いため、私たちが感じている暑さ以上に暑いと感じ、体調を崩しやすいです。

体調不良を放っておくと、命に関わるほど危険な状態になる場合もありますので、今回は、犬の夏バテや熱中症の症状、熱中症を起こしやすいシチュエーションについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ、犬は夏バテしやすい?

犬が夏バテしやすい最大の理由はズバリ「暑さ」です!☀

人は暑い時、汗をかくことで体温調節をしますが、犬は肉球にしか汗腺がありませんので体温調節がうまくできません💦

特に、長毛種・原産国が寒い地域の犬種・短頭種(鼻ぺちゃ犬)は、暑さに弱いので注意が必要です。

夏バテの症状

犬の夏バテの症状は、人の夏バテの症状によく似ています。
以下の症状が現れたら危険信号です。

〇元気がなくなる
〇食欲がなくなる
〇下痢・軟便・嘔吐
〇よく寝るようになった
〇歩くのが遅い

様子を見ていて、なんとなくいつもと違い様子がおかしいな~と感じると思います。

一番危険⚠ 脱水の症状

特に、注意しなければならないのは脱水です。

暑さで体がだるく水をあまり飲まなかった場合や、下痢や嘔吐をしている場合は脱水を起こす恐れがあります。

脱水を起こしているかどうかは、目で確認することができますので以下のことをチェックしてみてください。

✔ 背中の皮膚をつまんで離したとき、元に戻るまで時間がかかる
✔ おしっこの量がいつもより少ない
✔ 目や口が乾いている
✔ 目が落ちくぼんで見える(凹んで見える)

上記の症状が現れた場合、危険な状態と思ってください。
「水分が足りないなら家で水を飲ませればいいや!」と簡単に考えることは非常に危険です。

脱水症状は適切な処置を行わないと、「熱中症」となり命に関わることもあります

一刻も早く動物病院へ連れて行き、処置をしてもらってくださいね‼

熱中症の症状

熱中症は、体が高温の環境に対応できず、体温を下げることができなくなり、全身の臓器の働きが鈍くなる障害を引き起こします
主な症状は、以下の通りです。

〇ぐったりしている
〇呼吸が異常に速い
〇体温が高い
〇歩き方がフラフラ
〇よだれが大量に出る
〇ふるえている
〇意識がもうろうとしている

熱中症は、初期の段階できちんと処置をすれば命の危険性は低いですが、重症化すると死亡率が極めて高いです。

上記の症状が現れたときは、至急、動物病院へ連れていく必要があります。
行く前に病院へ連絡☎をし、連れて行くまでにできる処置の指示を仰ぐことも重要です。

私が以前勤めていた動物病院でも、毎年1~2頭は熱中症で亡くなっていましたので、決して軽視しないでください。

特に犬は暑さに弱いので、熱中症にかからないように対策をしっかり行い、もしかかってしまったとしても、すぐに気付き病院へ連れていけるように、飼い主さん自身が知識を身に着けていてくださいね👌

室内犬の暑さ対策については、こちら☟の記事をご覧ください🎵
室内犬の暑い日のお留守番!熱中症対策とオススメグッズ☆

熱中症にかかってしまうシチュエーション

犬が熱中症にかかってしまうのは、真夏の炎天下のうだるような暑さの日だけではありません。

意外と見落としがちなのは、暑い日と寒い日を繰り返す時期です。

犬の体は(人も同じですが)、ずっと暑い日が続いていれば徐々に体が慣れ、順応していきます。

しかし、梅雨時期や初夏など、気温が安定しない時期は、そこまで気温が高くなくても熱中症を引き起こすことがあります

また、同じ気温でも、湿度の高さや風の有無など様々な状況により体感温度が異なります。

外で飼われているわんちゃんも、室内で飼われているわんちゃんも、その日の状況を見て暑さ対策をしてあげる必要があります。

犬にとって、快適に過ごせる環境は、温度22℃前後湿度40〜60%と言われていますので、ひとつの目安としてください。

⚠夏の散歩は注意してください

最近の夏は、日中は30℃を超えることが頻繁にあり、夜になっても涼しくならないこともありますよね…😱

日中のカンカン照りの中、愛犬の散歩に行くのは飼い主さんご自身も辛いことなので、しないと思いますが(絶対にしないでください‼)、気を付けて欲しいのが夕方以降のお散歩です。

真夏のアスファルトは、熱を蓄え50~60度にもなると言われています。
そして、夕方になり気温が低くなっても、地面の熱はなかなか冷めません

人と違い、犬は地面と近い位置を歩きます
そのため、犬は、地面の熱をもろに受けてしまいます

地面の熱が冷めない時に散歩をしてしまうと、熱中症を引き起こす可能性が高まります。
また、肉球をやけどしてしまう危険性もあります。

よって!!
夏場、夕方以降にお散歩することはあまりオススメしません。

夏場のお散歩は、日が昇る前の早朝に行うことがベストです🐓

しかし、どうしても夕方以降にしか散歩できない場合は、飼い主さんがアスファルトを手で触り、暑くないか確認をしてから行くようにしてください
(場所によって、地面の熱さも違うので気を付けてくださいね⚠)

まとめ

私たちも、暑さにやられ、体がだるく何もやる気が起きないことってありますが、わんちゃんも同じように夏バテすることがあります。

犬は、体調が悪くても言葉で伝えることができませんので、飼い主さんが普段からよく観察し、いち早く変化に気づいてあげてくださいね🎵

これからが夏本番です🌻
暑さとうまくつきあい、乗り越えましょう‼


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。