愛猫の下痢、動物病院に連れて行った方がいい?危険な下痢の見分け方

食欲旺盛!元気いっぱい!の愛猫ちゃん🐈

でも…トイレを見ると…
ん??下痢してる!!!!

こんな状況に出くわしたことはありませんか?

下痢は、猫ちゃんの体調不良でよくみられる症状で、様々な原因によって引き起こされます。
一時的なもので自然に治る場合もありますが、中に重大な病気のサインである場合もあります😱

今回は、猫ちゃんがどんな下痢を起こしたら動物病院へ連れて行くべきなのか、お話したいと思います!

スポンサーリンク

下痢の状態

下痢は、腸に異常が起こった時に生じる症状です。
<小腸性の下痢><大腸性の下痢>に分けられ、それぞれ下痢の状態が異なります。

小腸性の下痢

小腸は、水分量の調節を行います。
小腸に何らかの異常が生じると水分量のバランスが崩れ、下痢を起こします。

〇症状
・下痢の状態はどろっとしたものから水っぽいものまで様々
・下痢の回数は少ないが、1回量が多い
・ガスが溜まり、おなかが張っている
・オナラをよくする
・水をたくさん飲む
・口臭がする
・小腸内で出血している場合、黒色の下痢をする

大腸性の下痢

小腸から運ばれた食べ物のカス(便になる前段階)の水分量を、ちょうどいい便の硬さになるように調節します。
大腸に何らかの異常が生じると水分量のバランスが崩れ下痢が起こります。

〇症状
・ゼリーに覆われたような下痢
・下痢の回数が多く、1回量が少ない
・しぶり腹(したいのに出ない)
・大腸内で出血している場合、真っ赤な血が混じっている

下痢を起こす原因とは?

下痢を起こす原因は様々なことが考えられます。
猫ちゃんが下痢を起こしている場合、どれにあてはまるか原因を探ってみてください!

食べ物

・食べ過ぎ
・消化のしにくいものを食べた
・水分の多いものを食べた
・フードを変更した、食物アレルギー など

誤飲・誤食

・食べ物ではないもの(おもちゃなど)を飲み込んだ
・散歩中、農薬を舐めた
・人の薬やサプリメントを飲み込んだ など

猫が食べてはいけないものを食べた際に下痢をしている場合は、中毒を起こしている可能性があります。

こちらの記事【犬と猫が絶対に食べてはいけない食材】を参考に、猫ちゃんが何か口にしてしまっていないか確認してみてください。

ストレス

・発情期
・換毛期(毛の生え変わり)
・季節の変わり目
・生活環境が変わった(引っ越しなど)
・お留守番が多くなった
・旅行に行った など

感染症・寄生虫

猫半汎白血球感染症猫伝染性腹膜(FIP)猫白血病ウイルス感染症などの下痢を症状とする感染症に感染している
・回虫、条虫など内部寄生虫に感染している など

上記以外にも、腸炎ガンなど、下痢を起こす病気は様々あります。

病院に連れて行った方がいい場合

下痢は、自然に治ってしまう一過性の場合も多いのですが、中には緊急性がある場合もあります。
以下の場合は、動物病院に行くべき状態ですので確認してみましょう。

すぐに受診する必要がある場合

・下痢が何度も続く

・一回の下痢の量が多い

・下痢の色がおかしい、血が混じっている

・高熱、嘔吐、腹痛、食欲がないなどの症状を伴うとき

・猫が食べてはいけないものを食べたとき
→中毒を起こしている可能性があります。

・子猫や老猫、他の病気を患ってる猫
→体力や免疫力が十分にありませんので、普通の元気な猫では自然に治る病気でも重篤化してしまう可能性があります。

なるべく早めに受診した方がいい場合

・うんち(下痢)の中に寄生虫が入っていた
→すぐに命に関わることはありませんが、なるべく早く駆虫すべきです。
また、飼い主さんにもうつってしまいますので、うんちの処理は十分に気を付けましょう。

*大事*
病院に連れて行く際は、なるべく新鮮な下痢便を持って行ってください
原因を突き止めるための重要な検査材料となります✨

様子を見ても良い場合

・食べ物が起因して起こる下痢
→食べ過ぎや消化しにくい食べ物・水分の多い食べ物を食べた際に下痢が起こった場合は、自然に治る可能性が高いので、あまり心配する必要がありません。

しかし、下痢が1日以上続く場合や、他の症状(高熱・嘔吐など)が一緒に現れた場合は、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

フードの原料が体にが合わなくて下痢を起こす場合もあります。
この場合、フードを変更するだけで治ることもありますので、一度フードを見直してみてはいかがでしょうか?

 
猫ちゃんの目線で、猫ちゃんの健康を一番に考えたフードです。
良質な素材を使用、栄養バランス抜群、添加物不使用のフードが¥324で試すことができます!

・ストレスよって起こる下痢
→環境の変化など、強いストレスを感じた場合によって起こる下痢は、ストレスの原因となっているものを取り除くだけで治ることがあります。

こちらの場合も、長く下痢が続くようでしたら動物病院で一度診てもらってください。

動物病院で詳しく状態を伝えよう!役立つ質問集★

動物病院で、猫ちゃんの状態や下痢の状態を詳しく正確に伝えることができれば、原因を突き止めることに役立ちます!

動物病院に行く前に以下の質問を確認し、現状を整理しましょう🎵

<下痢の状態>
Q1 いつから下痢が始まりましたか?
Q2 下痢はどのような状態ですか?(ドロドロ・水っぽいなど)
Q3 1日に何回下痢をしますか?
Q4 下痢の量は、いつものウンチの量と比べて多いですか?
Q5 下痢の色は何色ですか?
Q6 臭いはどうですか?(異臭がするなど)
Q7 下痢の中に虫や虫卵(米粒のようなもの)が見られませんでしたか?

<猫ちゃんの状態>
Q1 食欲・元気はありますか?
Q2 嘔吐をしていませんか?
Q3 お腹を痛がっていませんか?(じっとしている、うずくまっている、触ると嫌がるなど)
Q4 トイレをしている様子で気になることはありませんか?(長くきばっている、トイレ以外の場所でもらすなど)
Q5 異物や猫が食べたら危険な物を食べた可能性はありませんか?

これらの質問にお答えいただければ、獣医師にきちんと状態を伝えることができます。
もし、愛猫ちゃんが下痢をして動物病院に行くとなった場合には活用してみてください🙋

まとめ

私たちもたまにお腹を壊すことがありますが、下痢の痛みってとても辛いですよね😱
猫ちゃんも下痢が起こると同じように苦しい思いをしています。

猫の下痢はよく起こる体調不良ですので、ある日突然下痢をしていたとしても、慌てず冷静に猫ちゃんの状態を確認しましょう。

猫ちゃんは、言葉では不調や痛みを伝えることができないので、飼い主さんが普段からよく観察し、何か異変が起こったとしてもすぐに気づき対処できるようにしてあげましょうね☺


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。