ほぼ100%亡くなってしまう!?「猫伝染性腹膜(FIP)」とは??

今回は、猫ちゃんの飼い主さんなら必ず知っておかなければならない猫伝染性腹膜炎(FIP)という感染症をご紹介します。

前回まで、ワクチン接種により予防できる感染症シリーズをお伝えしてきましたが、この病気においては、ワクチンによる予防ができません

そのうえ、発症してしまうとほぼ100%の確率で亡くなってしまう、とても恐ろしい病気です。
この病気は一体どんな病気なのか、どうすれば予防できるのかお伝えいたします。

スポンサーリンク

猫伝染性腹膜炎(FIP)とは?原因と感染経路

猫伝染性腹膜炎は、“コロナウイルス”というウイルスが原因ですが、通常、コロナウイルスはとても弱いウイルスで、感染しても症状が現れない場合がほとんどです。
日本にいるほとんどの猫は、このウイルスを持っているともいわれています。

そのくらい普段は影の薄い存在のコロナウイルスなのですが、ある日突然、猫の体の中で“猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)”に変異して、 「猫伝染性腹膜炎」を引き起こすことがあります。

コロナウイルスの感染経路は、感染した猫の唾液や尿、便に直接触れる「接触感染」がほとんどで、猫同士のグルーミングや食器・トイレの共有が原因となります。

猫伝染性腹膜炎ウイルス自体は感染力が弱いため、簡単には感染しないといわれていますが、ウイルスは感染した猫の唾液や尿、便などの中に含まれているため、接触させないように注意が必要です。

なぜ突然変異する?発症しやすい猫の特徴

コロナウイルスが、猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)”に突然変異する確率は10%以下といわれており、そこまで頻繁に起こる病気ではありません。

ではなぜ、通常は弱いウイルスが、 ほぼ100%亡くなってしまう恐ろしいウイルスに変異してしまうのか、その理由は、まだ原因は明確ではありません。
しかし、以下で挙げる猫は発症しやすいとされています。

子猫(3ヶ月~3歳ほど)
高齢猫(10歳以上)
他の病気にかかっている猫
多頭飼いなどでストレスを抱えている猫

上記で挙げた猫の共通点は、免疫力が弱い、または、弱っている猫です。
また、雑種猫より純血種の方が発症しやすいといわれています。

症状

症状が現れてしまうと、ほぼ100%亡くなってしまうこの病気ですが、症状の現れ方には2タイプあります。

症状の進行については、急激に現れる場合から、時間をかけて徐々に進行する場合まで様々です。
症状のタイプ別にどのような症状が現れるのか、みていきましょう。

滲出型(しんしゅつがた)・ウエットタイプ

〇胸やお腹に水が溜まる(胸水・腹水)
〇脱水
〇貧血
〇黄疸
〇嘔吐
〇便秘
〇下痢
〇腹水や胸水が溜まることによる呼吸困難 など

非滲出型(ひしんしゅつがた)・ドライタイプ

〇腎臓・肝臓の障害
〇神経症状(てんかん・麻痺・異常行動・運動失調など)
〇食欲不振
〇体重減少
〇目の障害(濁るなど) など

胸水・腹水が溜まる  →滲出型・ウエットタイプ
胸水・腹水が溜まらない→非滲出型・ドライタイプ
と覚えてください。

残念ながら、どちらのタイプも予後が悪く、助かる見込みはほぼ無いと思っていてください。

治療法

猫伝染性腹膜炎を完治させる治療法はありません。
そのため、今現れている症状(腹水や胸水がある場合は水を抜くなど)を和らげ、悪化させないように「対症療法」がメインで行われます。

二次感染を起こさないように抗生剤の投与や炎症を抑えるステロイドの投与、免疫力を高めるインターフェロンの投与などが行われると思います。
しかし、これらの治療を行い、症状が落ち着いたとしても、再発し亡くなってしまう場合がほとんどです。

治療は、“完治”ではなく“延命”を目的に行われます。
とても症状が強く出ている場合は、苦しみから解放させるために、医療の力で安らかに命を終えることを勧められることもあります。
この病気にかかってしまったら、それなりの覚悟も必要となります。

予防法

猫伝染性腹膜炎(FIP)を予防できるワクチンは存在しません。
そもそもコロナウイルスに感染させない為には、子猫が離乳をした時点で完全室内飼いにすることが一番の予防法となります。

しかし、気付いていないだけで、すでに体内にコロナウイルスを持っている場合があります。
コロナウイルス自体は、あまり悪さをするウイルスではありませんので、そのウイルスが猫伝染性腹膜炎ウイルスに変異させないようにすることが重要となります。

そのためには、免疫力を低下させない為になるべく猫がストレスと感じるものをなくすことです。
猫は、もともと一人を好む動物ですので多頭飼いをしているお家では、その環境だけでストレスを感じている場合もあります。
猫同士が一人でリラックスできる場所を作るなど、猫ちゃんが生活する環境を整えてあげましょう。

まとめ

猫伝染性腹膜炎という病気がいかに恐ろしい病気なのかわかっていただけましたでしょうか?
もし、我が子がすでにコロナウイルスを持っているとしたら、いつ発症するかわからない…そう考えるだけで不安と恐怖が押し寄せると思います。

しかし、この病気はそこまで頻繁に起こる病気ではありません。
明確な予防法がないため、予防をすることも難しいと思いますが、まずは猫ちゃんの生活環境を見直すことから始めてみてください。

さらに、猫ちゃんの小さな異常にもすぐに気づくことができるように、普段から観察することを習慣にしましょう🙋


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。