ひどい口内炎や大量のよだれ「猫カリシウイルス感染症」とは?

今回は、猫の混合ワクチンで予防できる感染症猫カリシウイルス感染症をお話します。
この感染症は、以前の記事「猫風邪」の記事でも少しご紹介した病気です。

猫伝染性鼻気管炎
と同じくらいメジャーな病気で、いつ感染してもおかしくないほど身近に存在します
症状も鼻気管炎と似ていますが、特徴的な症状もありますのでご紹介します。

スポンサーリンク

猫カリシウイルス感染症とは?原因と感染経路

猫カリシウイルス感染症は、“猫カリシウイルス”に猫が感染することによって発病します。

非常に感染力が強く、感染してしまう頻度が高いため、猫伝染性鼻気管炎と同じく「猫風邪」や「猫インフルエンザ」とも呼ばれることもあります。
1年中感染してしまう感染症ですが、空気が乾燥している冬は特に流行しやすいとされています。

主な感染経路は、感染した猫の鼻水や唾液などに直接触れた場合に感染する「直接感染」や、くしゃみなどをすることで空気中に排出されたウイルスを吸い込んでしまう「飛沫感染」です。

家庭では、猫同士のグルーミング(舐めあい)や食器の共有、飼い主さんが感染した猫を触った後に他の猫を触った際などで感染してしまう可能性があります。
また、ノラ猫ちゃんが家の近くにいる場合、飼い主さんが服や靴にウイルスを付けて家に持って帰ってしまうこともあります。

症状

猫伝染性鼻気管炎よりは、症状が軽い場合が多く、免疫力がしっかりとある猫でしたら1~2週間ほどで回復することもあります。
しかし、子猫高齢猫他の病気にかかっている猫は、免疫が弱いまたは弱っているため、重症化し、亡くなってしまうこともあります。

主な症状

〇高熱
〇口内炎・舌炎
〇よだれ
〇くしゃみ
〇鼻水
〇食欲不振
〇結膜炎 など

中でも特徴的な症状は“口内炎・舌炎”です。口の中に痛みを伴う潰瘍や水ぶくれができるため、よだれが大量にダラダラと出たり、痛みでごはんが食べられなくなったりします。

また、猫伝染性鼻気管炎混合感染(一緒に感染してしまうこと)することで、重症化し肺炎を起こすなど、命に関わるほど重症化してしまうこともあります。

治療法

猫カリシウイルス自体を撃退する治療法はありません。
そのため、これ以上悪くさせないための「対症療法」を行います。二次感染を防ぐための抗生剤、免疫を高めるためのインターフェロンなどの投薬治療が行われます。

また、食欲がない場合や食べられない場合は、高栄養の缶詰などを与えたり、脱水を起こさないようにこまめに水分の補給をさせたりします。

予防法

猫カリシウイルス感染症の最も効果的な予防法は、「混合ワクチン接種」です。
(混合ワクチン接種についてはこちらの記事へ!!)
ワクチンの種類の中でも、一番種類が少ない3種ワクチンでも予防ができます。
ワクチンは、特に子猫は適切な時期・回数を守り接種することで、十分な免疫を付けることができます。
(ワクチン接種プログラムについては、こちらの記事へ!!)

しかし、ワクチンを接種したからといって絶対にかからないというわけではありません。
もっと予防の効果を高めるためには「混合ワクチン接種+完全室内飼い」です。

外には、この病気以外にも恐ろしい病気がたくさんあります。また、交通事故に遭ってしまうこともあります。猫ちゃんの命を守るためにも「室内飼い」をオススメします。

まとめ

猫カリシウイルスは、感染力も生存力も非常に強いウイルスです。そのため、このウイルスと接触してしまった猫ちゃんは、絶対といっていいほど感染してしまいます。
感染してしまうと、ごはんも食べられないほどの痛みを伴う口内炎・舌炎を発症してしまうこともあります。
こんな辛い思いをさせないためにも、予防の大切さを理解していただければ嬉しいです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。