冬に多発!?猫のおしっこの病気 下部尿路疾患について

だんだん寒さが本格的になり、朝は布団から出たくなくなりますよね~😰
私は、割と暖かい地域に住んでいるのですが、それでもやっぱり寒さが身にしみます。

冬は、猫ちゃんにとっても厳しい季節となります。
特におしっこの病気「下部尿路疾患」には注意が必要です。

早期発見・早期治療がとても重要となりますので、どんな病気なのか詳しくご説明いたします!!

スポンサーリンク

下部尿路疾患ってどんな病気?

下部尿路とは、膀胱から尿道までのおしっこの通り道のことです。
その下部尿路で起こる様々な病気の総称を「下部尿路疾患」といいます。

具体的には、膀胱炎や膀胱や尿管などにできる結晶・結石などが挙げられます。

なぜ、冬に注意が必要なの?

猫の祖先は、砂漠地帯で暮らしていました。水分の少ない環境で生活していたため、体内の水分を十分に保つために、少量で濃いおしっこを作り排出する体の仕組みになっています。

私たちも、冬になると夏の暑い日に比べて飲み物を飲む機会が減りますが、猫も同じです。
水を飲む量・おしっこの回数が減ると、膀胱におしっこが溜まっている時間が長くなり、さらにおしっこが濃くなるため、下部尿路疾患が起こりやすくなってしまうのです。

どんな症状が出る?

下部尿路疾患になってしまうと、以下のような症状が見られます。

〇何回もトイレに行っておしっこをしている(頻尿)
〇トイレに行くが、数滴しか出ない・全く出ない
〇おしっこをするときに痛そうに鳴く
〇おしっこが赤色・ピンク色・白く濁っている
〇おしっこの中にキラキラしたものが混じっている
〇お腹を触ろうとしたら痛がる・嫌がる など

このような症状が見られた場合には、早急に動物病院に連れて行く必要がありますが、特に、おしっこが出なくなった場合には、緊急性が高いです。

24時間おしっこが出ない状態が続くと「尿毒症」となり、命に関わるほど危険な状態になります。

予防とは?

水分量を増やす

下部尿路疾患を防ぐためには、水分摂取量を増やす必要があります。
なるべくいつでも新鮮な水が飲める状態にしておき、数ヶ所に水飲み場を設けてあげましょう。

それでもあまり飲んでいる様子がない時には、カリカリフードをふやかしてあげたり、ウェットフード(缶詰)をカリカリフードに混ぜ合わせたりすることでも水分を摂取させることができます。

また、ささみのゆで汁など与えるなど方法はたくさんあるので、その子にあった方法を見つけてあげてください🎵

トイレを清潔に

猫はトイレが汚れていると、使いたがらない傾向があります。こまめに掃除をして清潔な状態を保ってあげましょう。

猫を数匹飼っている場合は、トイレの数も重要です。トイレの数は<猫の数+1個>設置することが推奨されています。
猫がいつでも綺麗なトイレが使えるように、飼い主として努めてあげてください!

まとめ

下部尿路疾患は、一度発症してしまうと、環境や体質により何度も繰り返してしまうことがあります。発症させないことが一番いいのですが、この病気は、非常に発症率が高い病気です。

もし、かかってしまったとしても、すぐに気づき治療をしてあげれば、軽症で済む場合も多いので、この寒い時期は特に、猫ちゃんの様子・おしっこの状態に気を付けてあげてください🙋


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。