犬が体をこすりつけるのはなぜ?考えられる8つのパターン☆

わんちゃんは、時に色々なものに体をこすりつけることがあります。

地面にスリスリ…
ソファーやベッドにスリスリ…
飼い主さんにスリスリ…
他のわんちゃんにスリスリ…

何を思ってそんなに必死にスリスリしてるんだ?変なの!😆
思わず笑ってしまうことがありますが、一体どんな意味が隠されているのでしょうか?

今回は、わんちゃんが体をこすりつける理由をパターン別にご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

自分のにおいを消したい!

野生の犬は獲物を狙う時、相手に気付かれないように慎重に近づかなければなりません。
その際、自分のにおいを消し、自然の臭いに紛れ込むために地面に体をこすりつけます。

飼い犬も、この野生の習性が残っていて、散歩中など地面に体をこすりつけることがあります。
特に、慣れていない場所初めて行く場所でする行動のようです。

いい匂いをまといたい!

嗅覚が優れている犬は、においにもこだわりがあり、好きなにおいは身にまといたい🎵と思います。

私たちがお気に入りの香りを身にまとうために、香水を使用するのと同じ感覚ですね✨

犬にとっていい香りは、ミミズの死骸他の動物の糞など、人では理解しがたいものです😱

特に、ミミズの死骸はいい香りがするみたいで、「たまらん♡」と言わんばかりにスリスリ・ゴロゴロする子が多いと聞きました。(うちの子はしませんが…😌ホッと)

そこまで好きな香りなら思いっきりスリスリしなさい♪と言ってあげたいのは山々ですが…勘弁してほしいですね💦

シャンプー後は落ち着きません

シャンプー後、愛犬からいい香りがすると飼い主としては嬉しいですが、においに敏感な犬にとって自分のにおいが変わってしまっている状態は落ち着かないようです。

早く自分のにおいを取り戻したい!という思いから、普段自分が使用しているベッドなどに体をこすりつけることがあります。

犬同士のあいさつをしています

犬同士のあいさつと言えば、お互いのお尻のにおいを嗅いだり、鼻をくっ付け合ったり、伏せのポーズをしたりすることが有名ですが、実は、体をこすりつける行動もあいさつの一つです✋

「こんにちは!」「初めまして!」「久しぶり~!」のような一般的なあいさつの他に「大好きだよ♡」などの愛情表現も込められているみたいです。

どちらかというとフレンドリーな性格の子がするあいさつのようです🎶

飼い主さんに甘えたい!

愛犬が飼い主さんに、スリスリと体をこすりつけるのは、甘えたいというサインです!

愛犬に構わず何かしていたり、他のペットなどに構っていたりしている際に、体をすり寄せてきた時は、自分に注目してよ!構ってよ!という気持ちを伝えているのです。

なんとも愛おしい行動ですね💕

幸せ~♡幸福感で満たされてます

ご飯を食べたあと、散歩にいったあとなど、愛犬が大好きなことをした後に床や地面などに体をこすりつけているときは「あ~幸せ♡」と幸福感に浸っているときです。

こんな姿を見ると、私たち飼い主も幸せな気分になりますね😘

自分の方が上の立場だ!

飼い主さんが寝ている時などに、顔や頭にスリスリしてくるときは「自分が飼い主さんより立場が上だ!」と見下している可能性があります。

犬は、自分より格下の者の顔や頭に自分のにおいを付ける習性があります。

可愛いからと言って愛犬の要望に何でも答えていませんか?
甘やかしすぎては犬が主導権を握ってしまいます。

もし、愛犬が飼い主さんにこのような行動を取るのであれば、愛犬との関係を見直してみてください⚠

注意!これは病気のサインです

愛犬が、異常と思うほど長い時間または頻繁に体をこすりつけていたり、ある部分を集中的にこすっていたら病気にかかっている可能性があります。

考えられる病気・原因をパーツ別にご紹介いたします。

〇結膜炎:最もかかりやすい目の病気
片目だけ→物理的な原因(まつ毛やゴミ、シャンプーなどが入った場合等)
両目とも→細菌やウイルスに感染している、アレルギー等

〇角膜炎
充血、ひどい痛みを伴います。
原因は外傷や細菌感染、ドライアイなど

〇チェリーアイ
目頭から瞬膜(第三眼瞼)が飛び出してくる病気です。

炎症を起こし赤く腫れあがった瞬膜がさくらんぼのように見えることから、この病名となっています。

〇鼻炎
初期はサラサラな鼻水、中期はネバネバな鼻水が分泌されます。
原因は花粉、ほこり(ハウスダストなど)、真菌・細菌・ウイルス感染など。

〇腫瘍
とてもまれなケースではありますが、鼻の中に腫瘍ができることがあります。

犬種でいうと長頭種(鼻の長い犬種)、年齢でいうと10歳以上の高齢犬に起こりやすいとされています。

〇歯周病
口臭の悪化、歯肉の赤み、歯がぐらついている・抜けた、口を痛がるなどの症状が現れます。
原因は歯垢と歯石。
(詳しくは、【犬の口が臭い!!口臭の原因と予防法】をご覧ください!)

〇歯の生え変わり
子犬が口をこすりつけている時は、歯が生え変わる時の痒みからこすっている可能性があります。

〇外耳炎・耳ダニ
特に、垂れ耳の犬種や湿度の多い時期にかかりやすい病気です。
(詳しくは、【愛犬の耳が臭い・汚い・赤い!考えられる病気】をご覧ください!)

背中

〇外部寄生虫(ノミ・ダニ)
ノミやダニが寄生していると強い痒みを伴うため、地面に背中をこすりつけることがあります。

※動物病院で販売されている予防薬で駆除することができます。
(こちらの記事【ノミ・マダニ予防薬「ネクスガード」ってどんな薬?】も併せてご覧ください!)

〇皮膚感染症(皮膚炎)
膿皮症、ニキビダニ(アカラス)、疥癬など。
免疫力が弱っている際に、原因菌が増殖して症状が現れます。

〇食物アレルギー
食べ物によるアレルギーが現れると、体の痒みの他に、発疹・脱毛・フケが出る・下痢・嘔吐などの症状が現れる場合があります。

お尻

〇肛門膿が溜まっている
犬のお尻の穴を中心に時計⏰を描いたとき、4時と8時の場所に肛門腺という分泌液を溜める場所があります。

そこに溜まる分泌液を肛門膿と言い、定期的に絞りとってあげないと雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまいます。(とってもとっても臭い液体です😱)

犬は、肛門膿が溜まるとお尻がむずむずして痒みを感じるので、お尻をこすりつけることがあります。

肛門腺を絞るのは、慣れていないと難しいと思いますので、できないなと思われる方は、動物病院やトリミングサロンで絞ってもらいましょう!

〇内部寄生虫
回虫・条虫など内部寄生虫が寄生している際もお尻を地面にこすりつけることがあります。

〇腫瘍
お尻にできる腫瘍の約8割は良性の「肛門周囲腺腫」と言われており、まれに悪性の癌である可能性があります。

去勢をしていない高齢のオス犬に多いとされています。

☟は、おしりに違和感を感じた時によく見られる「おしり歩き」です。
(動画をお借りしました。ありがとうございますm(__)m)

まとめ

いかがでしたか?
わんちゃんが体をスリスリする理由は、心理的なものから病的なものまでたくさんありました。

これからは、愛犬が体をこする行動を起こしたとき漠然と見守るのではなく、「なぜ、このような行動をしているのだろうか?」と考えてみてください🙋

そうすることで、愛犬の気持ちを知ることができ、なお一層絆が深まりますし、病気になった時もすぐに気付いてあげられます‼

愛犬からのメッセージを受け取ってあげてくださいね🎵


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。