雨の日の愛犬の散歩に潜む意外な危険性!行くべき?行かないべき?

突然ですが、質問です‼
皆さんは、雨の日でも愛犬の散歩に行きますか?

 

私は…行きません🙋

「えー、いいの?わんちゃんが可哀そうじゃない?」と毎日行く方からのお叱りの声が聞こえてくるような気もしますが😅

散歩は、犬にとって毎日欠かせない日課ではありますが、本当に雨の日でも必ず行かないといけないのでしょうか?

今回は、雨の日のお散歩事情を中心に、雨の日ならではの危険性やおすすめお散歩グッズなど、役立つ情報をお届けします‼

スポンサーリンク

みんなはどうしてる?雨の日の散歩に関する統計

ペット保険のアイペット損保ホームが「雨の日の愛犬のお散歩について」調査を行い2017年6月に統計を発表しています。

その気になる結果とは…?

調査結果

●「雨の日でもお散歩に行く」と答えた飼い主さまは61.0

●「雨の日でもお散歩に行く」と回答した小型犬の飼い主さまの割合が54.1%となっている一方、大型犬・中型犬の場合は77.0%が「雨の日でもお散歩に行く」と回答。

 

アイペット損害保険株式会社より引用

雨の日でも散歩に行くと答えた飼い主さんの中には、雨の程度や雨の日が続いた場合などの条件付きの回答も含まれるようですが、なんと6割の方が雨の日でもお散歩に行っているようです。

雨の日のお散歩のメリットとデメリット

雨の日でもお散歩に行くことにもメリット・デメリットが存在します!

それぞれ詳しくご説明いたします🎵

メリット

雨の日でもお散歩に行く理由として、

・愛犬がストレスを感じるため
・愛犬の運動不足となるため
・トイレを散歩中でしかしないため(特に小型犬)

大きくこの3点が挙げられます。

特に、ストレスに関しては第1章でご紹介したアイペット損害保険株式会社さんの調査にて、

●お散歩に出かけるタイミングを決めている場合、雨の日お散歩に行けなかったときに、愛犬の行動に変化が見られる。

アイペット損害保険株式会社により引用

という結果が出ています。

行動の変化とは、無駄吠えやトイレ以外での排泄、イタズラなど、主に問題行動とされている行動のことです。

同じ時間にお散歩に行くことが日課になっているわんちゃんは、何らかの理由で散歩に行けない日があると、生活リズムが崩れることにより強いストレスを感じてしまうようです。

雨の日でもお散歩に行く最大のメリットは、わんちゃんのメンタルを維持できることでしょう。

デメリット(危険性)

雨の日のお散歩は、当然わんちゃんの体が濡れてしまうので、散歩後のお手入れの大変さという点が大きなデメリットとして挙げられます。

しかし、雨の日の散歩には思いもよらない危険性が潜んでいるのでお話したいと思います。

・感染症にかかる危険性がある

雨が降ると水たまりができますよね。
実は、水たまりってとても危険なものなのです!

アスファルトや電柱など、晴れた日にされた近所の犬の糞尿が、雨に流され水たまりに混じっている可能性があります。

また、ノラ猫や鳥など様々な野生動物の糞尿も混じっている可能性も考えられます。

要は、水たまりはウイルスや細菌・寄生虫など、感染症の原因の宝庫のようなものです‼

それを知らずに、わんちゃんが水たまりの水を飲んでしまったり、水たまりでバシャバシャ遊んでしまったり、体についた水たまりの水滴をなめてしまったとしたら…

考えるだけで恐ろしいですが、感染症にかかってしまう可能性が高まってしまいます。

・肉球がケガをしてしまう恐れがある

肉球は、傷つかないように頑丈な分厚い皮膚でできているのですが、濡れればふやけてしまいます

晴れた日の散歩では全く問題がなかったアスファルトや砂利道も、雨の日では簡単に肉球が傷つき、その傷口が化膿してしまったり、感染症の原因菌が入り込んだりしてしまう恐れがあります。

お散歩から帰ったら、ケガをしていないか入念に肉球を観察しましょう。

雨の日のお散歩に役立つグッズ

 

レインコート編

手足首まですっぽり覆ってくれるレインコートです。
セパレートタイプで上下が別々なので着せやすい!とレビューに書いてありました☺

サイズ展開もたくさんあり、こちらのリンクでは5号までなのですが、サイト内では9号までありますので大型犬にもぴったりです!

大型犬だからもっと手軽に簡単に着せたい!という方にはポンチョタイプがオススメです!
しっかりとした作りで雨もきちんとはじいてくれると、多くの方がレビューに書かれていました👍

反射素材の生地が使われているようで少し暗くなってからのお散歩も安心ですね✨

レインブーツ編

私は愛犬に靴を履かせたことないので、このような商品があること自体、今回調べて初めて知ったのですが、こんなに立派なレインブーツがあるのですね!

しかも、かわいい💕

シリコン製なので柔らかく、履かせやすい作りとなっており、お手入れも楽々とのことです。

雨の日はもちろん、暑い季節はアスファルトも尋常じゃないくらい熱くなるのでやけど防止にも重宝しそうです🎵

吸水力抜群のタオル編

このタオルとっても売れているらしいです‼

その理由とは…?
一度使うとやみつきになる!と言われるほどの吸水力”と”犬の毛がタオルに付きにくい特殊な素材で作られている”とのこと✨

雨に濡れてもこのタオルでさっと拭き取れば、被毛のお手入れは楽ちんですね🎵
お家でシャンプーをする際にも使えますし、一枚持っているととても便利そうですね!

おもしろグッズ編

斬新!よく考えたものですね(笑)
こちらは、大型犬にはちょっと無理そうですが小型犬には向いている商品だと思います!

しかし、レビューを読んでみると、元々ビビりな性格のわんちゃんは傘を怖いと感じてしまったり、マーキング癖があるわんちゃんは、傘が電柱などにぶつかりびっくりしてしまったりするようです。

しかし、わんちゃんが傘に慣れてしまえば、使い勝手が良く、濡れることも無くなるので雨の日も楽しくお散歩ができると多くの方がレビューしていました。

レインコートと併用すれば完ぺきなのではないでしょうか👌

雨の日のお家での過ごし方

毎日お散歩に行くタイミングが決まっていなくて、お家の中で排泄をできるわんちゃんの場合は、無理して雨の日に散歩に行く必要はないといえます。

しかし、わんちゃんがストレスを感じないようにスキンシップをたくさんとってあげましょう

例えば、、、
・ボール遊びなどお家の中でできる遊び
・普段はなかなかできないお手入れ(ブラッシング・爪切りなど)
・しつけ、訓練
などが挙げられます。

いつもはお散歩に行っている時間を有効活用し、より愛犬との絆を深める時間としましょう🎵

まとめ

いかがでしたでしょうか?

雨の日のお散歩は、わんちゃんのメンタル面にとってはとても良いことですが、その反面、雨の日ならではの危険性も潜んでいるということを十分に理解していただければなと思います。

また、私のように雨の日はお散歩に行かない飼い主さんは、愛犬がストレスを抱え体調を崩してしまわないように管理をきちんとしてあげましょう。

雨の日も楽しく過ごせますように☔💕


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。