コツをつかめば大丈夫!犬に薬を飲ませる方法☆

わんちゃんの体調が悪く動物病院を受診した際、必ずと言っていいほどお薬が処方されますよね。
そして、多くの飼い主さんを悩ませるのが、投薬です。

口に直接入れてもペッと吐き出すし、ごはんに混ぜても器用に錠剤だけ残すし…
「もうどうすればいいの?😱」とお手上げ状態で動物病院に相談にいらっしゃる方もいます。

しかし、やり方次第で意外と簡単に飲ませることができるんですよ!

今回は、「基本の投薬方法」「どうしても投薬が困難な場合の対処法」をご紹介しますので参考にしてみてください!

スポンサーリンク

薬の飲ませ方~基本編~

錠剤・カプセル

処方される薬で一番多いのが「錠剤(カプセル)」です。
錠剤は、比較的大人しく、噛みつく恐れがない子は直接口の中に入れて飲ませることができます。

【方法】

 利き手でない方の手で犬の上顎を上からつかみ、少し上を向かせます。
この時、犬歯の後ろ側(奥歯側)に空間があります(☟写真注目!)ので、左右の空間に親指人差し指(または中指)を差し込みます。

② 1の段階できちんと親指人差し指(または中指)が差し込めていたら、すでに犬の口は半開き状態となっていますので、利き手親指人差し指で錠剤をつまむように持ち、中指を下の前歯に引っ掛けて軽く下に押し口を開けます。

③ 犬の口は開いた状態になりましたので、すばやく錠剤を舌の奥の方(付け根)に置きます。

④ 錠剤を置いたら口を閉じさせ、上を向かせた状態で口を軽く持ち、喉の辺りを優しくさすります

⑤ 犬が舌をペロッとしたり、ゴクッと飲み込むような仕草をしたら飲み込んだ証拠です。

もし、喉をさすっても飲み込まなかった場合は、鼻に息をふぅ~と吹きかけることで飲み込むこともあります。

⑥ 最後にもう一度口を開け、口の中に錠剤が残っていないかの確認をします。

たまに、飲み込んだように見えても、床に落ちていたり、口周りの毛に引っ付いていたりすることがあるので、身の回りもチェックしてみてください!

とても分かりやすい動画がありましたので、参考にご覧ください!


(動画お借りしました。ありがとうございますm(__)m)

この子は、とってもおりこうさんに飲んでくれますね!

皆さんはこの方法を見て、できそうと思われましたか?

簡単そう!と思われた方もいらっしゃるとは思いますが、実は結構コツがいりまして慣れるまでは大変かもしれません😅

動物看護師でも、すべてのわんちゃんにこの方法で飲ませることはできません。
(キャリアのとても長いベテラン看護師さんや獣医師はできるかもしれませんが…)

無理して行うと飼い主さんが噛まれてケガをしてしまったり、わんちゃんが薬を気道にひっかけてしまったりなど、様々なトラブルの原因となってしまうので無理はしないようにしましょう。

液体・粉状の薬

液体の薬も多く処方される薬です。
こちらも錠剤と同様に基本は口に直接入れて飲ませますが、錠剤よりも飲ませやすく失敗も少ないかと思います。

液体の薬の場合、プラスチックの投薬瓶に入っていて、付属の注射器スポイトに吸って飲ませることが一般的です。

また、粉状の薬が処方された際は、ご自宅で適量の水と混ぜて液体の薬と同様に注射器・スポイトで吸って飲ませる方法もあります。

【方法】
① 薬の準備をします。投薬瓶をよく振って薬を混ぜ、投与量を注射器・スポイトで吸います。

② 利き手でない方の手で、犬の口を横から軽くつかみます。
この時、親指で横の上唇(たるんでいるところ)をめくり、その他の指は下顎を固定します。

③ 利き手で注射器・スポイトを奥歯の方に差し込み、少し薬を入れます。
薬を入れたら固定していた手を離します。

④ 犬がペロペロと薬を飲みますので、飲み終わったら2・3の方法を何度か繰り返し飲ませます。

液体の飲ませ方は以上です。こちらも分かりやすい動画がありましたのでご覧ください。


(動画お借りしました。ありがとうございますm(__)m)

これならできそう!と思いませんか?

しかし、この方法も向いていない子がいます😣

例えば、意地でも薬を飲み込まず、よだれと共にだらだらと吐き出す子、注射器やスポイトを噛みちぎる子など…💦

このような場合は、他の方法で飲ませる必要があります。

薬を飲ませることが困難な場合の対処法

錠剤・カプセル

錠剤・カプセルを飲ませる時に一番効果のある方法は、好きな食べ物に混ぜることです!

一番身近なものは、ご飯・おやつです。
私の愛犬は、カリカリのフードにひっそり仕込めば気付かずに食べてくれます。

しかし!中には、非常に敏感で用心深い子もいます。
ご飯やおやつに見えないように仕込んでも、勘付いて食べてくれないのです。
(なんでわかるかな~😞)

そんな時は錠剤・カプセルを、めったに与えない特別な缶詰パウチに混ぜる、またパンチーズに包む方法を試してみてください♪

私が勤めていた動物病院ではいつも、☟の缶詰を使用していました。

<1缶だけ買うより、ケースで買った方がお得です👍>

私が知っている限り、一番おいしくて食いつきのいい缶詰です✨
体調が悪い時や食欲のない時にも使用できます。

ただ、カロリーがとても高いので、薬を飲ませる際にたくさん与えすぎないように注意しましょう。

好きなものに混ぜてもどうしてもダメな場合や対策することが面倒な場合、以下のようなお薬を飲ませるための商品があります!

こちらは、薬を入れるための穴が開いていまして、そこに錠剤を入れてから、穴を指で練り合わせることで完全に薬を隠すことができます

わんちゃんにとっては特別なおやつ✨のような感覚になりますし、何よりも飼い主さんが簡単に飲ませることができる点が魅力的ですね。

液体・粉状の薬

液体や粉状の薬は、柔らかいものに混ぜて飲ませます。

錠剤編でも挙げました特別な缶詰パウチや、ヨーグルト潰したバナナすったリンゴなど、愛犬が食いつきそうな食べ物に混ぜて与えてみましょう。

⚠ここで一つ注意しなければならないことは、最初から薬を混ぜないということです。
本当に喜んで食べるのか様子を見てから、こっそり仕込みましょう。

また、投与量を一度に混ぜてしまうと味やにおいで分かってしまう子もいますので、少しづつ混ぜることもポイントです。

この方法でどうしても飲んでくれない時は、最終手段です。

この時点で、液体・粉状の薬をなんらかの食べ物に混ぜている状態だと思うので、その薬入りの食べ物を少し指に取り、愛犬の横の上唇(たるんだところ)をめくり、歯茎周辺になすりつけます

そして、口の中に流れ込ませるイメージで頬を優しく揉んであげましょう。

この方法は、飼い主さんがこぼしてしまったり、犬の口からはみ出てしまったり、投与量をすべて飲ませることができない場合があるので、注意をしながら行ってくださいね!

まとめ

いかがでしたか?
薬を飲ませる方法は、基本形が難しくてできなくても様々な飲ませ方があります!
今まで、薬を飲ませることが苦手だと思っていた飼い主さんは、様々な方法を試して愛犬に合った投薬法を探してみてください

しかし、薬によっては、何かに混ぜたり、形状を変えたり(錠剤を粉状にするなど)すると効果が落ちてしまう場合がありますので、試す前には一度獣医師さんに相談をしてから行いましょう🙋

飼い主さんの悩みがひとつ解決することを願っています😄


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。