室内犬の暑い日のお留守番!熱中症対策とオススメグッズ☆

春らしい心地よい暖かな日々が続いていますが、地域によっては、汗ばむほど暑い”夏日”のところがあるようです。

「まだ春だから愛犬の暑さ対策はしなくていいや!」と思われている飼い主さん!

私たちが思っている以上に、犬は暑さに弱く、熱中症になりやすいんですよ⚠

飼い主さんがお家にいるときは、昼間に気温が上がったとしても暑さ対策を色々してあげられますが、問題はお留守番をさせるときです。

今の時期から天気予報を要チェックして、留守中でも快適に過ごせるように暑さ対策をしてあげましょう🎵

関連記事:犬の夏バテ・熱中症の症状とは?放っておくと命の危険も!!

スポンサーリンク

犬は暑さに弱い

犬は、汗腺が肉球以外にないので、暑いときには口を開けてハァハァする喘ぎ呼吸(パンティング)でしか体温調節ができません

また、犬は人よりも基礎体温が高いので、私たちが感じる暑さよりも、さらに暑いと感じています

数多くある犬種のなかでも、特に暑さに弱いとされているのが、鼻ぺちゃ犬(短頭種)原産国が寒い国の犬種です。

例:シーズー、ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ、パグ、ペキニーズ、セントバーナード、シェットランド・シープドッグ、グレートピレニーズなど

これらの犬種は、特に熱中症にかからないように注意が必要です。

犬が快適に過ごせる環境

暑さに弱い犬が快適に過ごせる環境は、温度が22℃前後、湿度が40〜60%です。

日本の夏は高温多湿なので、暑さ対策をしなければすぐに熱中症になってしまいます。

人の熱中症も同じですが、重症になると命に関わります
私が動物病院に勤めてていたときも、毎年1匹は熱中症で亡くなっていました。

命を守るためにも、暑さ対策は非常に重要です‼

熱中症にならないための暑さ対策法

エアコン

エアコンは、外出中も窓を開け、風通しを良くできる家以外は必須です。

扇風機だけかけている方もいらっしゃると思いますが、扇風機は空気をかき回すだけで、空気自体を冷やすことはしないので、体温を下げる効果はありません

クーラーの設定温度は、その日の気温や湿度によって合わせる必要がありますが、だいたい25℃前後に設定しましょう。

クーラーの冷気は床の方に溜まりやすく、熱は天井の方に溜まりやすので、クーラーと併用して扇風機を利用することをオススメします。

この方法により、犬が冷えすぎてしまうことを防止し、クーラーもガンガンかけなくて済むので電気代の節約にも繋がります。

また、湿度が高い場合は、クーラーではなく、ドライに設定する方が過ごしやすくなるころともあります。

毎日その日の気温と湿度を確認して、エアコンを設定を行いましょう。

⚠一つ注意点を挙げますが、最近のエアコンは人感センサーが付いているものが多くあります。

この機能は、人には反応しますが、小型犬のような小さい動物には反応が難しく、せっかく設定していっても飼い主さんが外出したら切れてしまうことがあります

実際、人感センサーが反応しなかったことで犬が亡くなってしまった事故もありました。

ご自宅のエアコンがこの設定になっていないか一度確認をしてみて、設定されていたら解除をしておいてください。

飲み水はたっぷりと!

犬は汗をかくことでの体温調節ができない代わりに水を飲むことで調節しています。

暑い日は、特にたくさんの水が必要となりますので、水飲み場を複数の場所に設置するなど、多くの水を用意してあげてください。

また、少しでも新鮮な水が飲めるように、水飲み場は直射日光の当たらない場所に設けてあげましょう。

直射日光を避ける

日当たりのよい部屋にわんちゃんの生活スペースがある場合、遮光カーテンなどで直射日光を防止することも対策法のひとつです。

また、お留守番中はケージの中にいる場合は、窓から離した場所に移動しておくことも重要です。

冷え冷えグッズ

犬は暑いと感じた時に、冷たいフローリングや、穴を掘った土の上にベタっとお腹を付けてクールダウンします。

お留守番中も、わんちゃんが暑いな~と感じたときにすぐに体を冷やすことができるように、冷え冷えグッズを用意してあげると良いと思います。

様々なグッズが販売されていますが、お金がほとんど掛からず簡単に手作りできる方法があります!

それは、ペットボトルに水を入れ、凍らし、タオルを巻いてワンちゃんの寝る場所や好きな場所に置いてあげる方法です。

しかし、私の愛犬の場合ですが、このようなグッズはあまり好まず、使ってくれません😅

また、噛み癖がある子の場合は、ペットボトルを噛みちぎることによる誤嚥事故や、水がこぼれて床が水浸しになってしまうなど、様々なトラブルに繋がってしまうためオススメできません。

そんな場合は、アルミシートやベッドタイプなど、たくさんんグッズが販売されていますので、愛犬に合ったものを選んであげてください🙋

冷え冷えお洋服

最近は、お洋服👗も様々な暑さ対策のものが販売されています。

接触冷感のものだったり、保冷剤が入れられるものだったり、水に濡らしてから着せるものだったり…機能性はもろちんデザインもたくさんの種類がありますので、選ぶ楽しみもありますよ~💕

しかし、体が冷えすぎてしまうこともよくないので、状況に応じたお洋服を選び、着せてあげてくださいね!

まとめ

犬の暑さ対策は、早めに取り組むことが重要です。
人が暑いと感じたら、犬はもっと暑いと感じています。

自分の管理が十分でなかったがために、大切なわんちゃんが体調を崩してしまったり、命を落としてしまったりしてしまうと、わんちゃんだけでなく飼い主さんご自身も辛い思いをしてしまいます。

熱中症は防ぐことができる病気です。
本格的に暑い季節が来るのはもう少し先ですが、今の時期から対策を練っておいてくださいね‼

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。