愛犬が異物を飲み込んだ!覚えておくべき症状と対処法

わんちゃんの飼い主のみなさん、愛犬が異物を食べてしまい、ヒヤッとしたことはありませんか?

私のわんこも、家族が留守中に何度かごみ箱をひっくり返しあさり…ゴミを食べていたことがあります。
幸い大事には至りませんでしたが、本人はケロッと元気にしていても、飼い主は心配でたまりませんでした。

犬は好奇心旺盛だからこそ、気になるものがあればすぐに口にしてしまいます。
飼い主が、飲み込んでしまう状況を作らないようにしないといけませんが、注意していても事故が起こってしまうこともあるので、今回は、犬が異物を誤飲・誤えんした際の症状と対処法についてお話いたします。

スポンサーリンク

犬が飲み込むと危険な物

⚠ 緊急性が高いもの
● 先が尖った鋭利なもの(爪楊枝・竹串・画びょう・くぎなど)
● ひも状のもの(ビニール・タオルなど)
● トウモロコシの芯や果物の種
● 除草剤や農薬
● 人の薬

⚠ 量や大きさによって危険な場合あり
● 紙類(ティッシュペーパー・ペットシーツ・新聞など)
● おもちゃ
● 輪ゴム
● たばこ
● 犬が食べては危険な食材

異物を飲み込んでしまった際に恐ろしいことは、気道・食道・胃・腸に詰まる「閉塞」と「中毒」です。

また、先が尖った物に関しては、腸まで行きつくまでの通り道を傷つけてしまう恐れがあります。

犬が誤飲・誤えんしてしまうと危険な物は、家の中や外にありふれています。

これらの物を口にしてしまうことがないように、飼い主さんは普段から注意してあげなければいけません。

異物を飲み込んでしまった際の症状

異物を飲み込んでしまった際の症状は、詰まった場所によって異なります。
また、薬物においては中毒を起こすこともあります。
それぞれの症状について詳しくみていきましょう。

気道に詰まった場合(気道閉塞)

異物が、気道に詰まった場合は、呼吸困難となってしまうため、危険性がとても高いです。
すぐに対処しなければ息ができず、亡くなってしまいます

日常的に、トウモロコシや果物を食べている場合は、芯や種が詰まってしまう恐れがあります。

また、犬用のガムなど、犬用の食べ物であっても一気に飲み込んでしまうと詰まる可能性がありますので、大きめの固形物は気を付けましょう。

食道に詰まった場合(食道閉塞)

犬はあまり噛まず飲み込んでしまうことが多いです。
果物やジャーキーなど、そこまで大きな物でなくても、食道に詰まってしまうことがあります。

通常は物が詰まると、犬が自ら吐くことで解消するのですが、完全に詰まってしまうと吐きたくても出てきません。

その際は、咳き込む、吐く仕草はするけど物が出てこない、喉から「グゥグゥ」と聞きなれない音が聞こえくる、といった症状が見られます。

胃で詰まった場合(胃内異物)

異物が胃にたどり着いても、腸に行く出口(幽門)は意外と狭いため、胃に残ってしまう場合があります。

その際は、食欲が無くなったり、嘔吐を繰り返したりなどの症状が見られます。

腸で詰まった場合(腸閉塞)

食道や胃を突破できたとしても、腸で詰まってしまうことがあります。

詰まったままの状態を放置してしまうと、食欲が全くなくなり、頻繁に嘔吐を繰り返します。
命に係わるほどの非常に危険な状態に陥ってしまいます。

特に、長めのひも状の物を飲み込んでしまった場合はこの状態に陥りやすいです。

もし、ひも状の物を飲み込んでしまった際、口や肛門からひもが出ていて引き出せそうに思う状況の場合でも、絶対に引き出さないでください

無理に引き出してしまうと、様々な場所の粘膜を傷つけてしまい、大変危険です。
そのままの状態で、動物病院に連れて行きましょう。

中毒

犬が食べてはいけない食材や、人の薬、除草剤や農薬などを口にしてしまった場合、中毒症状が現れる場合があります。

飲み込んでしまった物によって症状は異なりますが、中には、意識が無くなったり、けいれんを起こしたり、最悪の場合、亡くなってしまうこともあります。

このような中毒が起こる可能性があるものを飲み込んでしまった場合は、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

また、たばこは、誤えんしてしまう事故が多い異物です。
喫煙者のいる家庭では特に注意が必要です。

少量の場合、問題ないこともありますが、時間が経ってから症状が出る場合もありますので、受診することをオススメします。

異物を飲み込んでしまった際の対処法

呼吸がしっかりとできている場合

犬が、異物を誤飲・誤えんをした際は、基本的に動物病院に連れていきましょう

しかし、何らかの理由ですぐに病院へ行くことができない場合は、かかりつけの病院に連絡をして対処法を聞きくことが重要です。

その際は、どのくらいの大きさのどんなものを飲み込んだのか、いつ飲み込んだのか、詳しく説明しましょう。

ティッシュペーパーやおもちゃの切れ端など、小さい物を飲み込んでしまった場合、1~3日後にウンチと一緒に出てくる場合があります。

しかし、異物がウンチとして出てくるには、食道・胃・腸の難関を突破することが条件となります。
どんな小さなものでも詰まってしまうことがありますので、念のために受診することをオススメします。

気道が塞がれて呼吸ができない場合

愛犬が、異物を喉に詰まらせて呼吸ができていない場合、飼い主さんがすぐに対処しなければいけません。

その際は、とても焦り、恐怖心で押しつぶされそうになると思いますが、一呼吸置き、落ち着いて対応しましょう。
手順は以下の通りです。

1、犬はパニックになり暴れている場合が多いため、できるだけ動かないように固定する。
2、犬の口を開け、舌を引き出す。
3、口の中を懐中電灯などで照らし、異物を探す。
4、異物が見えたらピンセットなどでゆっくりと引きだす。

もし、異物が見えなかった場合や取り出せない場合
小型犬:足の付け根を持ち、頭を逆さまにするように持ち上げ、背中をたたく。
大型犬:横向きに寝かして、肋骨の下に手を当てて、喉の方向に素早く押し上げる。

それでも取れない場合は、最終手段として、柔らかめの細い棒で胃まで押し込みます。

呼吸困難の場合は、病院に連れていく時間はなく、一刻を争います
大切なことは、とにかく気道が確保できるように、落ち着いて対応することです。

まとめ

わんちゃんの異物の誤飲や誤えんは、飼い主が防がなければなりません。
しかし、いくら気を付けていたとしても、事故は起こる時には起こります。

大切なことは、もし異物を食べてしまった際にどのような症状が現れるのか、どう対処すればいいのか、前もって知識を身に付けておくことです。

私も皆さんと同じわんちゃんの飼い主なので、互いに事故が起こらないように、日々気を付けながら生活しましょうね!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。