【最新】2019年 人気犬種ランキング!!

みなさま、いかがお過ごしでしょうか❓

今回は、毎年恒例の「最新人気犬種ランキング」を見ていきたいと思います!

ペット保険<アニコム損保>が発表したランキングに沿って、”犬種の特徴”や”代表的な気を付けるべき病気”と共にご紹介していきます✨

皆さんの愛犬や好きな犬種はいったい何位でしょうか😁

これからわんちゃんを飼いたい!!と思っている方も必見です✨

スポンサーリンク

2019年 人気犬種ランキング

( )内は去年の順位

1位~3位

1位 (1)トイ・プードル👑

原産国:フランス 体重:約3㎏

強い人気のトイプードルは、2010年から1位を獲得し続け、今年でなんと10連覇です🎉

犬種の特徴
〇学習能力が高く、しつけがしやすい
〇明るく人懐っこい性格
〇元猟犬だけあって運動することが大好き
〇抜け毛や体臭が少ないが毛が伸び続けるため、定期的なトリミングが必要(維持費がかかる)
〇こまめにブラッシングをする必要がある
〇色々なカットができ、おしゃれが楽しめる

気を付けるべき病気
・膝蓋骨脱臼(ヒザの脱臼)
・外耳炎(耳の病気)
・流涙症(涙やけ)
・てんかん
・副腎皮質機能亢進症(ホルモンの病気) など

2位 (2)チワワ

原産国:メキシコ 体重:1.5~3㎏

犬種の特徴
〇陽気で明るい
〇実は勇敢!他の犬や家族以外の人には強気
〇防衛意識が強いためムダ吠えをしてしまうことも
〇運動量が少なくて良いので室内のみで飼える
(できれば、社会性を養うために散歩はした方がいい)
〇毛は抜けるが、体が小さいためお手入れは楽

気を付けるべき病気
・膝蓋骨脱臼(ヒザの脱臼)
・水頭症(先天性のものがほとんど)
・気管虚脱(呼吸器の病気)
・角膜炎(目の病気)
・僧帽弁閉鎖不全症(心臓の病気) など

3位 (3)MIX犬(体重10kg未満)

写真はマルプー(マルチーズ×トイプードル)

犬種の特徴
〇両親の特徴をそれぞれ引き継いだ唯一無二の容姿
〇どのように成長するのか、経過が楽しみ!
〇純血種よりは病気にかかりにくいと言われている
〇血統書がつかない

気を付けるべき病気
・遺伝子的に相性の悪い両親の間に生まれた場合、遺伝子性疾患を発症してしまう可能性がある

4位~10位

4位(4) 柴犬 

原産国:日本 体重:7~14㎏(体格による)

犬種の特徴
〇飼い主に忠実で忍耐強い
〇自立心が強いため、気難しい一面があり初めて犬を飼う方には少し難しい犬種
〇番犬に最適
〇子犬の頃(社会化期)のしつけが特に重要
〇元々猟犬だったため、運動量が多い
〇換毛期(毛の生え変わり期)は尋常じゃないほど毛が抜ける

気を付けるべき病気
・膝蓋骨脱臼(ヒザの脱臼)
・アトピー性皮膚炎
・食物アレルギー
・僧帽弁閉鎖不全(心臓の病気) など

5位(5) ミニチュア・ダックスフンド

原産国:ドイツ 体重:約4~5㎏

犬種の特徴
〇好奇心旺盛で活発な性格
〇散歩だけでなく、キャッチボールなどの遊びも大好き
〇家族には愛情深いが、他人や他の犬に対しては強気
〇自立心が強いため、子犬の頃にしつけを行わないと、自由気まま飼い主の言うことを聞かない子になってしまうことも
〇神経質な面もあるため、無駄吠えが多い→しつけが重要
〇換毛期(毛の生え変わり期)は尋常じゃないほど毛が抜ける

気を付けるべき病気
・椎間板ヘルニア
・膝蓋骨脱臼(ヒザの脱臼)
・アレルギー性皮膚炎
・外耳炎
・副腎皮質機能亢進症(ホルモンの病気)
・てんかん など

6位(6) ポメラニアン 

原産国:ドイツ 体重:1.5~3㎏

犬種の特徴
〇活発で好奇心旺盛
〇賢く、記憶力が良い
〇牧羊犬の血を引き継いでいるため、勇敢で警戒心が強い
〇自立心が強いため、しつけを行わないとわがままな子になってしまうことも
〇毛量が多く換毛期には毛が抜けるため、こまめなブラッシングやトリミングなどのお手入れが必要
〇「柴犬カット」など様々なカットがあり、オシャレが楽しめる

気を付けるべき病気
・膝蓋骨脱臼(ヒザの脱臼)
・骨折
・気管虚脱(呼吸器の病気)
・流涙症(涙やけ)
・アロペシアX(脱毛症X)(原因不明の皮膚疾患)
・副腎皮質機能亢進症(ホルモンの病気) など

7位(7) ミニチュア・シュナウザー

 原産国:ドイツ 体重:4~8㎏
💡豆知識💡「シュナウザー」はドイツ語で「口ひげ」という意味

犬種の特徴
〇好奇心旺盛で活発な性格
〇基本的にフレンドリーなので、子供の相手もできる
〇警戒心が強いので無駄吠えをすることがあるが、訓練をすれば十分コントロールできる
〇筋肉質で体力があるため、毎日の散歩は必要
〇抜け毛は少ない
〇上毛が伸びるため、こまめなブラッシングと定期的なトリミングが必要

気を付けるべき病気
・尿路結石症(遺伝的になりやすい)
・若年性白内障(目の病気)
・進行性網膜萎縮(目の病気)
・外耳炎
・糖尿病
・アトピー性皮膚炎 など

8位(8) ヨークシャー・テリア 

原産国:イギリス 体重:3㎏未満
💡豆知識💡ヨーキー独特の美しい毛並みは「動く宝石💎」と呼ばれている

犬種の特徴
〇可愛らしい見た目とは反対に、勇敢で強気な性格
〇自己主張が強く、頑固な面も
〇飼い主にはべったり、飼い主と離れると分かりやすくいじける
〇甘やかしてしまうと、コントロールできないほどワガママな子になってしまうので、子犬の時のしつけが重要
〇体が小さいので運動量が少なくて良い
〇抜け毛は少ないが、毛量が多く毛が長いので抜け毛が多いと感じることもある
〇ヨーキー独特の体臭がある

気を付けるべき病気
・膝蓋骨脱臼(ヒザの脱臼)
・気管虚脱(呼吸系の病気)
・角膜炎(目の病気)
・水頭症(先天性のものがほとんど)
・低血糖(子犬は特に注意) など

9位(9) シー・ズー

原産国:チベット 体重:4.5~8㎏

犬種の特徴
〇遊び好きで活発な面と、おっとり穏やかな面を持ち合わせている
〇心が広いので、子供がいる家庭でもうまく付き合ってくれる
〇ややプライドが高いこともあるため、飼い方によっては番犬のような強気な子に育つことも
〇運動量はそこまで多くないが、肥満になりやすいため散歩は必要
〇抜け毛は少ないが、毛の伸びるスピードが速いため定期的なトリミングが必要
〇皮膚が脂っぽくなりやすいので、独特の体臭がある

気を付けるべき病気
・脂漏性皮膚炎
・鼻腔狭窄(鼻(呼吸器)の病気)
・熱中症
・角膜炎(目の病気)
・白内障
・外耳炎(耳の病気) など

10位 (11) フレンチ・ブルドッグ

原産国:フランス 体重:10kg前後

犬種の特徴
〇顔立ちはいかつく見えるが、性格は穏やかで可愛らしい
〇家族と過ごす時間が大好き
〇他の犬種では見られないコミカルな動きが魅力
〇基本的におおらかなので無駄吠えが少ない
〇鼻ぺちゃであるうえ、ガニ股(股関節に負担がかかる)なので運動のさせ過ぎは禁物
〇毛が短いため、頻繁にブラッシングする必要はない
〇顔のしわに汚れが溜まりやすいため、こまめに拭き取る必要がある
〇暑さ・寒さに弱い

気を付けるべき病気
・鼻腔狭窄(鼻(呼吸器)の病気)
・熱中症
・口蓋烈(先天性の病気)
・結膜炎、角膜炎(目の病気)
・チェリーアイ(目の病気)
・アトピー性皮膚炎 など

11位~30位

11位 (10)  マルチーズ 
12位 (12)  カニーンヘン・ダックスフンド 
13位 (16)  パグ
14位 (14)  キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
15位 (13)  ゴールデン・レトリーバー 
16位 (15)  ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 
17位 (19)  ペキニーズ
18位 (18)  ジャック・ラッセル・テリア 
18位 (17)  パピヨン 
20位 (21)  ミニチュア・ピンシャー 
21位 (20)  ラブラドール・レトリーバー 
22位 (23)  イタリアン・グレーハウンド 
23位 (22)  ビーグル 
24位 (28)  アメリカン・コッカー・スパニエル 
25位 (24)  ボストン・テリア 
26位 (23)  ビション・フリーゼ
27位 (26)  ボーダー・コリー 
28位 (27)  シェットランド・シープドッグ 
29位 (29)  バーニーズ・マウンテン・ドッグ 
30位 (30) 日本スピッツ

🎁新しいわんちゃんを迎えたら素敵な名前をプレゼントしましょう🎁
おしゃれで素敵!!犬や猫に「外国人の名前」を付けよう♪
ペットにおしゃれで由来のある名前を付けよう!!オススメ外国語をご紹介♪

まとめ

いかがでしたか?
皆さんの愛犬・好きな犬種はランクインしていたでしょうか❓😁

あんまり昨年の順位と変わっていないようにみえますが、よくよく見てみると、鼻ぺちゃ犬が順位を上げて来てるんです‼

鼻ぺちゃ犬って、見た目もですが性格が本当にかわいいですよね~💕
私も大好きです🙋

今回は、「犬種の特徴」と「代表的な気を付けるべき病気」をご紹介しましたが、ここに書いていることがすべてではありません。

あくまでも目安としてお考えください!

これからわんちゃんを家族に迎い入れたいと思っている方は、愛情をたっぷり注ぎ、成長を楽しみながら育ててあげてくださいね🎵


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。