きちんと知っていれば大丈夫!妊娠中でも安全に猫と暮らそう!

「妊娠中は、猫を飼ってはダメ!赤ちゃんの命が危ないよ!」
こんなこと聞いたことありませんか?

そんなこと急に言われても、びっくりしちゃいますよね!
今までずっと暮らしてきた家族同様の猫ちゃんを、妊娠したから手放すなんてとてもじゃないけどできません。

なぜ、妊娠中の猫の飼育が危険だ!ダメだ!と言われるのでしょうか?

今回は、妊娠中に猫からもらったら危険な病気と正しい飼育方法・接し方についてお話したいと思います!

スポンサーリンク

妊娠中の猫の飼育は危険なの?

猫と人との間には、お互いにうつしあってしまう病気人獣共通感染症がたくさんあります。
人獣共通感染症は、妊娠しているしていないに関わらず、猫と接する方はみなさん気を付けなければなりません。

【参考ページ】
〇猫と人がうつし合う病気「人獣共通感染症」とは?!
〇多くの犬猫が持っている菌が人に感染!パスツレラ症とは?
〇“初の死亡例” 野良猫から感染した?人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」とは?

その中でも、妊婦さんが特に気を付けなければならない病気がトキソプラズマ症です。
妊娠したら猫を手放すべきと言われる大きな理由がこの病気だと思います。

しかし、この病気に感染することが怖いからという理由で猫を手放す必要はありません

トキソプラズマ症に感染するには、いくつかの条件がそろわないと感染しませんし、全ての妊婦さんにとって危険な病気とも限りません。

この病気についてよく理解し、適切な対応をすることで猫ちゃんと一緒に幸せに暮らせるのです🙌

トキソプラズマ症とは?

トキソプラズマ症は、トキソプラズマという寄生虫が体内に寄生する病気です。
主に筋肉の中に寄生し、人だけでなくほとんどの哺乳類や鳥類に感染します。

寄生虫と聞いて、幼虫のような虫を想像しゾッとされた方もいらっしゃると思いますが、トキソプラズマは、寄生虫の中でも一番小さい「原虫(胞子虫類)」という単細胞生物です。

理科の教科書の微生物のページに載っているようなイメージですね!

感染経路について

猫は、ネズミなどの動物を捕食した際や汚染された土や水に接触した際に、トキソプラズマを口から摂取します。

猫の体内に入り込んだトキソプラズマは、腸内に寄生し※1、猫の糞の中にオーシスト(卵のようなもの)を排出します。人はこのオーシストを口から摂取することで感染してしまいます。

※1:前章で筋肉中に寄生すると記載しましたが、猫は終宿主のため腸に寄生します。

感染してしまうきっかけとして
トイレの掃除をしたあとに手を洗わなかった
猫をなでた後に手を洗わなかった
キスや一緒に寝るなど過度なスキンシップをした
などが挙げられます。

しかーし!
トキソプラズマ症の原因は猫だけと思われがちですが、トキソプラズマは自然界にたくさん存在します。

例えば、生肉・生卵・土などです。

火を通していない肉や卵を食べた際や、趣味のガーデニングをしたあと手をしっかりと洗わなかった際、土の付いた野菜をよく洗わず食べた際など、感染してしまうルートは多々あります。

むしろ、お家の中で飼われている猫ちゃんに関しては清潔に保たれている場合がほとんどなので、猫以外の理由で感染してしまうことの方が多いと言われています

妊婦さんが感染したらどのような影響が出る?

健康で免疫力がしっかりある人がトキソプラズマ症に感染した場合は症状が現れないケースがほとんどで、症状が現れたとしても軽い風邪のような症状しか現れません。

妊婦さんについても同様なのですが、免疫力が落ちている状態のときは症状が強く現れる可能性があるため注意が必要です。

これだけ聞けば、猫を飼ってはダメ!と言われるほどではないように感じますよね?
そう、これは妊娠する前に感染してしまった場合についての症状です。

問題は、妊娠中(初期)に初めてトキソプラズマ症に感染してしまった場合です。

この場合は、胎児に以下のような深刻な症状が現れる可能性があります。

水頭症
精神・運動機能障害
視力障害
脳性麻痺
流産
死産 など

胎児が感染してしまう可能性は低いと言われてはいるのですが、妊婦さんが感染してしまうととても危険なので絶対に回避しなければなりません。

これが、妊娠中に猫を飼うことが危険と言われる理由です。

※ちなみに、猫はトキソプラズマにとって終宿主なので感染しても症状が現れることはほとんどありません。

妊娠したら感染していないか確認しましょう

感染した場合の治療についてですが、妊娠していない健康な方が感染し、無症状の場合は治療する必要はありません。

しかし、妊婦さんは無症状であっても治療をしなければなりません

そのため、妊娠する可能性がある方や妊娠が分かった方で、猫ちゃんと暮らしている場合はトキソプラズマ症に感染していないか検査を受けることを推奨します。

トキソプラズマ症は過去に感染した経験があると抗体ができます。
感染しているかしていないかの検査は、血液検査にて抗体ができているかを確認します。

すでに抗体があった場合は、もう今後感染することはないのでこれまで通りの生活を送ることができます。

抗体がなかった場合は、猫ちゃんとの生活を見直し、改善・注意をしながら生活を送る必要があります。

そして、妊娠中に感染が確認された場合抗生剤を利用しての治療が必要となります。
定期的に血液検査や胎児の状態を調べながら治療を行っていきます。

ここまで読んで、現在、妊娠中で猫ちゃんと暮らしている方は、”怖い”と思われていると思います。

しかし、猫ちゃんとの接し方を適切に行うことで感染することなく今まで通り一緒に暮らすことができますので、安心してくださいね!

妊娠中の猫との接し方

猫から感染する確率が元々低いとしても、万が一でも妊婦さんが感染してしまうリスクを考えると、妊娠中は猫のお世話はなるべくしない方が良いと思われます。

しかし、一緒に生活している以上、ノータッチと言うわけにはいきませんよね?

そういう場合は以下のことを守って接してください😄

猫は外に出さない

トキソプラズマは、猫がネズミなどを捕食したり、色々なところを散歩したり、外の世界を楽しんでいる時に体内に入り込みます。

猫がトキソプラズマを持ち帰ることを防ぐためにも、猫は外に出さないようにしましょう。

外界には、トキソプラズマだけでなく様々な人獣共通感染症や、猫にとって命に関わる感染症がありふれています

また、大切な猫ちゃんが事故にあってしまうリスクもあります。

飼い主さんと猫ちゃんの両方の命を守るためにも、猫はお家の中で飼うことを推奨します。

トイレの処理は素早く

トキソプラズマのオーシストは猫の糞中に排出されますが、なんと、排出されてすぐは感染力は全くありません

感染力が現れるのは、排出されてから24時間〜数週間後です。

ですから、猫ちゃんがトキソプラズマを持っていたとしても、ウンチをした後すぐに処理しちゃえば感染することはないのです✨

トイレの処理後は綺麗に手を洗いましょう⚠

過剰なスキンシップを避ける

猫ちゃんが可愛いからといって、キスをしたり一緒に寝たりなど、過剰なスキンシップをすることも感染の原因となります。

愛情を伝えることも重要ですが、飼い主さんの健康の方が大切なので、猫ちゃんとは一定の距離を保ちながら接してください🎵

これは、すべての人獣共通感染症の予防に繋がりますので、妊娠中以外も徹底してくださいね🙋

猫にはキャットフードを与える

猫ちゃんのご飯は、キャットフード(ドライ/缶詰)を与え、十分に加熱していない生肉は与えないようにしましょう。

飼い主さんがお肉を食べるときも、十分に火を通してから食べてくださいね🐖

以上のことをしっかりと守っていれば感染するリスクをかなり下げることができます。
もう一度、猫ちゃんとの生活を見直してみて改善できるところがないか確認してみてください🎵

まとめ

妊婦さんにとって猫ちゃんとの生活には少なからずリスクが存在します。
しかし、適切な飼育方法・接し方次第で今まで通り猫ちゃんとの生活を送ることができます🐈

トキソプラズマ症に感染し胎児に影響が出る頻度はまれなため、過剰に心配する必要はないと言われてはいますが、このような恐ろしい病気があるということを忘れずに、予防を徹底してくださいね。

妊娠中も猫ちゃんとの生活を楽しみながら、元気な赤ちゃんが生まれることを願っています😄


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。