犬の体重増加、人に換算すると●●キロ相当!!人の体重に換算してみよう!

いよいよ冬本番、寒さが厳しくなってきましたね~⛄
寒いのは嫌だけど、この季節ってごはんってすごーく美味しいですよね🍢🍜
クリスマスやお正月が来るとなおさら、たくさん食べてしまい…気づいたら体重が!!!ってこともあるあるだと思います(^_^;)

わんちゃんにとっても、冬は食欲が増す時期です。厳しい寒さを乗り越えるためにたくさんのエネルギーを必要とするのです。しかし、食欲旺盛だからといって食べさせ過ぎると肥満に繋がってしまいます。

では、犬にとってどのくらい体重が増加したら太ると言えるのでしょうか?
今回は、分かりやすいように犬の体重の増加を人の体重に換算してご説明したいと思います。

スポンサーリンク

犬の体重の増加、人ではどのくらい増加する?

人は、1日の中で1kg前後の体重の変動があると言われています。このくらいの増減は正常ですので当然、見た目も変わりません。

犬は大きく小型犬・中型犬・大型犬の3タイプに分けられますが、仮に、それぞれのタイプが100g増加したとして、体重50㎏の人ではどのくらい増加するのか見てみましょう!

100gって言われても想像しにくいと思いますが、だいたい“袋入りインスタントラーメン1袋分”の重さと思ってください。(とっても軽いですよね~)

小型犬の場合

理想体重3kgの小型犬の体重が100g増えたら、体重の30分の1増加。
(3000g分の100g=30分の1)

50kgの人が、体重の30分の1増えたら、1,6kg増加したことになります!
(50kg×30分の1=3分の5=1,66….)

中型犬の場合

理想体重10kgの中型犬の体重が100g増えたら、体重の100分の1増加。
(10000g分の100g=100分の1)

50kgの人が、体重の100分の1増えたら、500g増加したことになります!
(50kg×100分の1=10分の5=0.5.)

大型犬の場合

理想体重20kgの大型犬の体重が100g増えたら、体重の200分の1増加。
(20000g分の100g=200分の1)

50kgの人が、体重の200分の1増えたら、250g増加したことになります!
(50kg×200分の1=20分の5=0.25)

どうでしょうか。同じ100gの増加でも、小型犬・中型犬・大型犬、それぞれにとって増加率が大きく異なりますよね。中型犬と大型犬にとってはあまり支障なくても、小型犬にとっては大きな100gだと言えます。

このように、もともとの標準体重が軽いほど、少しの増加が大きな影響を与えるのです。

簡単な体重換算の方法

犬の増加した体重(kg)÷犬の体重(kg)×50kg=人に換算した体重(kg)

☆計算例☆これだけ太ったら結構ヤバイ編☆
3kg小型犬:0.2kg(200g)増加÷3kg×50kg=3.3kg増加!

10kg中型犬:0.4kg(400g)増加÷10kg×50kg=2kg増加!

20kg大型犬:0.8kg(800g)増加÷20kg×50kg=2kg増加

このように、簡単に計算できます🎵
ご自宅のわんちゃんでもシミュレーションしてみてください❗

まとめ

かわいい愛する我が子だからこそ、「お腹空いた~おやつちょうだい!もっとちょうだい!!」とうるうるした目で見られると、ついついあげ過ぎちゃうことってありますよね~💦

でも、その可愛さに負けて与え過ぎてしまうと肥満に繋がり、命を縮めてしまうこともあります。
元気に長生きしてもらうためには、「1日に必要なカロリー以上は与えない」ことが重要です。飼い主として強い意志を持ってわんちゃんと向き合ってくださいね😉

※こちらの記事の内容は成犬専用です。成長期の子犬は急激に体重が増加する時期ですので、カロリーを抑え過ぎることはしないでください。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。