【犬編】ライフステージに合ったフードを選ぼう!オススメのフードもご紹介★

犬が健康でいられるために、特に重要なこと、それは、、、

「食事」です‼

わんちゃんの飼い主の皆さんは、もちろん毎日愛犬にご飯をあげていると思いますが、そのフード、今のわんちゃんの状態に適したフードでしょうか?

犬は、ライフステージ(成長の段階)によって必要とするエネルギー量が異なるため、成長の過程でフードを切り替えていかなければなりません。

今回は、犬のライフステージに合ったフードの与え方とオススメフードについてお話いたします🎵

スポンサーリンク

私がオススメするフードについて

次章から、ライフステージごとにオススメフードをご紹介いたしますが、すべて私が専門学校や勤めていた動物病院で取り扱ったことのあるメーカーのみご紹介します。

そのメーカーは、ロイヤルカナン・ドクターズ・ヒルズの3社です。
※ヒルズについては、病気に対しての療法食を主に扱っていたので、今回はあまり紹介はできませんが…

世の中にはたくさんのメーカーさんがフードを販売し、上記3社以外にも良質なフードがたくさんあると思います。

しかし、今回は確実に良いフードと私が信頼している3社のみのご紹介とさせていただきます。

また、紹介するほとんどのフードが動物病院専用フードです。

そのため本当は動物病院でしか購入できないのですが、ネットでも同じ品質のものが販売されているのが実情です。

しかも、動物病院で買うよりネットの方が断然安いです。(サイトにもよりますが…)

しかし!!フードは食品です。

間違ったフードの選択・与え方をすると健康を害することもあります。

私がお願いしたいことは、ネットでフードを購入する前に、一度、どのフードを選択すればよいのか獣医師に相談をしてください!

フードが決まったら、動物病院でなくネットで安く買うのもアリだと思います✨

高品質かつその子の状態に合ったフードを選択し、食生活を充実させてあげましょう!

子犬(0歳~1歳)

授乳中~離乳食開始

生まれてから生後2~3週間は、人間の赤ちゃんと同じように母乳またはミルクを唯一の栄養源としています。

乳歯が生え始める生後3~5週齢頃になると母犬が食べるご飯にも興味を持ち始めるため、離乳食を開始します。

母犬に与える繁殖期用又は子犬用のドライフードをぬるめのお湯でふやかしたもの等を離乳食として与えます。
これらのフードは、高エネルギーで消化しやすい作りとなっています。

この頃の子犬の胃は小さため、一度にたくさんの量を食べることができません。
1日量を3~4回に分けて与えましょう!

生後6~8週齢頃までに、離乳食の水分量を徐々に減らし、固形のフードが食べられるようにして、離乳を完了させます

この時期のオススメフード☟

離乳後

犬の場合、成犬の体重の50%に達するのはおよそ生後4~5ヶ月ですが、その後の成長は、犬種によって異なります。

大体のと目安となりますが、小型犬・中型犬は生後6~12ヶ月頃まで、大型犬は生後12~18ヶ月頃まで成長が続き、大人の大きさとなります。

この頃の食事管理として気を付けることは、「肥満」にさせないことです。

成長期の子犬の時に、過剰なエネルギーを摂取してしまうと、肥満細胞の❝数❞が増えてしまいます。

なんとこの肥満細胞、一度増えてしまったら減らすことができないのです!!

成長期後に肥満になる場合は、肥満細胞が大きくなることで太ってしまう場合がほとんどです。
ということは、成長期中に肥満細胞の数をたくさん作ってしまうと…成長してからも肥満になりやすい体となってしまいます‼

この頃のエネルギー管理は非常に重要ですね!

さらに、成長期は体を作るためにタンパク質を多く必要としますが、胃腸の消化機能が未熟です。
そのため、高タンパク質かつ消化性の良い素材を使用したフードを選択する必要があります。

この時期のオススメフード☟

成犬(維持期)

成犬の時期は、小型犬・中型犬では1歳~7歳頃まで、大型犬では1歳~5歳頃までといわれています。

子犬の時期に適切な栄養管理を行っていても、成犬になってからの栄養管理が不適切だと、病気の発症や老化を早めてしまう原因となります。

この時期の食事管理は、適切なフードを適切な量与えることです。

子犬の時期は消化機能が未熟でしたが、この頃になるとしっかりと機能するようになりますので、成犬用のフードの1日量を2~3回に分けて与えましょう!

この時期のオススメフード☟

避妊・去勢後の犬

犬は生後6ヶ月頃になると、避妊・去勢手術を受けることができます。

手術行うメリットは、望まない妊娠を避けるためだけではありません‼

男の子・女の子特有の病気予防や性ホルモンによる問題行動(マーキングなど)を軽減するなど、様々な効果が期待できます‼

しかし!
肥満になりやすいというデメリットも存在します。

手術によって、食欲を抑制する性ホルモンが減少し、活動性も低下するので、たくさん食べるけれど運動をしたがらなくなってしまいます…

そのため、手術前と同じフードを同じ量与えていると、すぐにぶくぶくと太ってしまいます。

避妊・去勢後は、低カロリーだけど必要な栄養分はしっかりと取ることができる避妊・去勢用フードを1日2~3回与えましょう。

この時期のオススメフード☟

肥満気味の犬

成長期が終わった後や避妊・去勢手術後に一番の問題となるのが肥満です。

肥満は、糖尿病高脂血症など様々な病気を引き起こす原因となり、結果的に寿命を縮めてしまします。

少しくらい太っていた方が可愛く見えますが、体重管理は長生きのために必須です‼

太り気味の犬は減量用のフードを、1日3~4回に分けて与えましょう。

ダイエットについては、飼い主さんの自己流で行ってしまうと栄養不足に繋がったり減量できなかったりなど、失敗してしまうことが多いです。

そのためダイエットを始める際は、獣医師に相談をして、その子の状態に合ったフードを選択してもらうことが一番の成功への近道です✨

オススメのフードはいくつかあるのですが、上記の理由からオススメフードのご紹介はいたしません。
ご了承くださいm(__)m

高齢期

高齢期は、小型犬・中型犬では7歳頃~、大型犬では5歳頃~といわれています。

高齢になると、見た目はあまり変わらなかったとしても、内臓機能は確実に衰えます

特に、のどが渇いたという感覚が鈍ってくるため、水をあまり飲まなくなり腎臓機能が低下します。

さらに、体脂肪は増加する一方、筋肉量や基礎代謝は低下するので太りやすくなってしまいます

そのため高齢犬には、低カロリー・低脂肪かつ高たんぱく質の高齢犬用フードを与えましょう。

与える回数については、元気なうちは維持期の時と同じ回数で良いですが、加齢の進行具合や体調の変化によって食べられる量も変わってくると思いますので、状況に応じて調節してあげてください。

この時期のオススメフード☟

妊娠中・授乳中の犬

母犬が元気な赤ちゃんを出産・育児していくためには、母犬が健康でいることが一番重要です。

犬の妊娠期間はおよそ63日間で、お腹の赤ちゃんは妊娠後半の40日以降に急激に大きくなります。

そのため、妊娠後半は特にたくさんのエネルギーが必要となり、妊娠6~7週までに徐々にご飯の量を増やし、最終的に維持期に必要なエネルギー量の1.5倍くらいまで増加させます。

授乳期は、母犬が子犬にエネルギーを分けてあげないといけないので、犬の一生の中で一番エネルギーが必要になる時期です。

生後3~5週齢頃になると子犬は離乳食を始めますが授乳は続いているため、完全に離乳するまでは、母犬はたくさんのエネルギーを必要とします。

フードについては、妊娠初期は、「成犬用(維持期)」のフードで良いですが、妊娠後半授乳期には、高カロリー・高タンパクで栄養価がとても高い繁殖期用のフードを選択します。
大型犬・超大型犬は妊娠初期から「繁殖期用」のフードで良い場合もあります。

回数については、妊娠初期は1日2~3回、妊娠後半は1日3回以上に分けて与えます。
犬種や胎児数によって異なります。

授乳期は、1日3回以上か、母犬が食べたいときに食べることができるように置き餌(自由採食)でも良いです。

ただ、与えすぎて肥満」にならないように気を付けてください‼

この時期のオススメフード☟

まとめ

大切な愛犬の健康を守るためには、食事管理が非常に重要です‼
ライフステージによって、必要とするエネルギー量が全然異なりますので、今のわんちゃんの年齢・状態に合ったフードの選択をしなければなりません。

もし、わんちゃんの今の状態や体重管理など少しでも気になる点がありましたら、ぜひかかりつけの動物病院で相談をしてみてください🎵

大切な愛犬が元気で長生きができますように…🌠

国産の良質なフードやおやつが8種類入ったお試しセットが500円で試すことができるようです✨
興味のある方は、ぜひ閲覧してみてください☺☟


犬猫自然食本舗


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。