脱デブ猫!!多頭飼いの猫ちゃん ダイエット大作戦☆~前編~

みなさんは、何匹の猫ちゃんと暮らしていますか?

私の家には雑種の女の子が2匹と男の子が1匹います😺

3匹とも元ノラ猫で、手のひらサイズの子猫の時にお家に来ました✨

保護した場所が違うので、血のつながりはなく、見た目も骨格も性格もまるで異なります。

長女:キジトラ、スリムボディ、ビビり&甘え下手
次女:三毛、むっちりボディ、のんびり&甘え上手
長男:サバトラ、ちょいぽちゃ、暴れん坊&甘え上手

こんな感じです🎵
猫も色々ですよね~個性が強くて見ていて本当に飽きません(笑)

多頭飼いの場合、私の愛猫たちみたいに体型が違うと、1匹だけをダイエットさせるのってとっても難しいんです‼

私も特に次女をダイエットさせなければいけないので、
今回は、「多頭飼いの場合のダイエット法~前編~」についてお話したいと思います☺

スポンサーリンク

猫の平均体重

ノラ猫ちゃんたちは、運動量が多く、限られた食料で生活しているため、ほっそりスリムな体型の子が多いですよね。

しかし、お家で飼われている猫ちゃんは、時間が来ればご飯をもらえ、食べた後はのんびり気ままに生活しているため、太っちょ体型になりやすいです。

ちょっとくらい太っている方が可愛く見えますが、肥満は様々な病気の源となってしまうので、飼い主さんがダイエットさせてあげなければいけません。

猫の平均体重は、性別や骨格などで異なりますが、

日本に多くいる一般的な雑種猫の平均体重
は、3.5~4.5㎏です。

ちなみに、小型種のシンガプーラは、2.0~3.5㎏、大型種のメインクーンは、3.0~8.0㎏が平均体重となっています。

猫の体格をチェックしよう!

体重が平均値内であったとしても、その子にとってはふさわしい体格でないかもしれません。

そんな時チェックするは、
BCS(ボディ・コンディション・スコア)です。

猫を立たせた状態で、皮下脂肪の付き具合をチェックします。

BCS1<削痩>
かなり痩せている状態。
肋骨や背骨など簡単に触れることができる。

BCS2<体重不足>
やせ気味。
脂肪は少しあるが、肋骨・背骨に簡単に触れることができ、くびれもはっきりある。

BCS3<理想体重>
理想的な体型。適度に脂肪・くびれがある。
横から見たら、地面とお腹のラインが平行。

BCS4<体重過剰>
ちょっと太っている状態。なかなか肋骨に触れない。
少しくびれが確認できる。お腹が少し垂れさがっている。

BCS5<肥満>
完全なる太り過ぎ。脂肪が分厚く肋骨に触れない。
くびれがない。お腹が地面に付きそうなほど垂れさがっている。

みなさんの猫ちゃんは、どのレベルでしょうか?
うちの次女は、BCS4くらいですね(^_^;)

猫ちゃんの食べ方を確認しよう!

ご自分の猫ちゃんの体型がチェックできたら、いよいよ本格的にダイエット!

…と思いますが、まず、猫ちゃんの食べ方について知っておかなければいけません。

猫はよくだらだら食いをする動物といわれます。

猫の祖先は砂漠地帯に住み、一度の狩りで大量に獲物を捕ることができなかったため、捕ってきた食べ物を数回に分けて少しずつ食べていました。

その習慣が現代の猫にも残っていて「だらだら食い」をすると言われています。

しかし、そんな名残など一切なく、もらったご飯を一気に平らげる猫もいます。

もし、この2タイプの猫が、一緒に生活したとしたら…
一気食いタイプの猫が太ることは目に見えていますね。

みなさん、ご自分の猫ちゃんがどっちのタイプの食べ方なのか、観察してみてくださいね🎵

≪続きは後編へ...≫


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。