CMで話題!ノミ・マダニ予防薬「ネクスガード」ってどんな薬?

暖かくなり、ぽかぽか陽気が気持ちがいい、今日このごろ☀

春は、過ごしやすい良い季節ですが、ノミ・マダニが活動を始める時期でもあります。
予防をしなければ、ただ散歩をしているだけでもノミ・マダニが付いてきてしまう可能性があります。

私は最近、「ネクスガード」のCMをよく観るな~と思っているのですが、皆さんはお気付きでしょうか?

「ネクスガード」は犬用のノミ・マダニの予防薬なのですが、具体的にどのような予防薬で、他の予防薬とどのような点が違うのか?

気になったので調べてみました!

また、ネクスガードの参考価格やネット通販の危険性についてもお話いたします。

予防薬を選択する際の参考にしてみてください🎵

スポンサーリンク

ネクスガードとは?

ネクスガードは、「日本全薬工業株式会社」という動物用の医薬品を製造・販売・輸入など行っている、動物業界では一番と言っても良いほど有名な会社の製品です。

有名なノミ・ダニ予防薬「フロントライン プラス」もこの会社の製品です。

☟今、放送されているネクスガードのCMです。見たことありませんか~?


「おいしすぎる」って魅力的なフレーズ😄

次章から、ネクスガードのメリットを3つご紹介します!

ネクスガードのメリット

おいしい

ネクスガードの一番の魅力は、「おいしい味」でしょう!!
フィラリアの予防薬ではよく見かけるのですが、ノミダニ予防薬では珍しい「チュアブルタイプ」です。

お肉の塊のような見た目なのですが、実は、大豆から出来ていて味が牛肉風味らしいです。

わんちゃんは、おやつ感覚でおいしく食べますので、今まで首元に付けるタイプ(フロントラインなど)や錠剤を飲ませるタイプでの予防に苦戦していた方は、簡単に予防を行うことができます。

全てのわんちゃんが喜んで食べてくれるとは限りません。中には食べてくれない子もいるようです。

すぐにお風呂に入っても大丈夫!

フロントラインのような首元に薬液を垂らす「スポットタイプ」は1日(24時間)かけて全身に広がり効果を発揮します。

薬が全身に広がる前に体が濡れてしまうと、効果が落ちてしまうので、塗布後、24時間以上経たないとお風呂に入れることができません。

また、スポットタイプの薬は、抱っこや撫でた際に、飼い主さんの手や洋服に薬が付いてしまう事故も起こりがちです。
(もし手や洋服に付いた場合は、すぐに洗い流してくださいね!)

しかし、ネクスガードは口から飲ませるタイプの予防薬ですので、そんな心配はありません!!
飲ませてからすぐにお風呂に入れることができます。

飼い主さんの手や洋服に薬が付いてしまうこともありません。

すでに体にノミ・ダニがいる場合は、薬を飲ませてからお風呂に入れると、より速く駆除できます。

速効性

ネクスガードは投与後、ノミは、30分で駆除し始め、6時間以内に完全に駆除、ダニは、24時間以内に100%駆除することができます。

他の予防薬の効くまでの時間を知らない方は、ピンと来ないかもしれませんが、
同じ会社のフロントラインは、24時間以内にノミを駆除、48時間以内にダニを駆除します。

フロントラインも速効性のある予防薬なのですが、それ以上に早く効果が現れるネクスガードは、超☆速効性のある予防薬です!

薬の持続期間について

ネクスガードの持続期間は1ヶ月間です。
これは、フロントラインなど、多くの予防薬と同じ期間となります。

飲ませてから1ヶ月経つと、どんどん効果が薄れていくので毎月(ノミ・ダニがいる時期の間は)飲ませる必要があります

値段について

ネクスガードの値段は、動物病院によって設定価格が異なるため、はっきりは申し上げられないのですが、大体のお値段を記載したいと思います。

ネクスガード11.3  体重 1.8〜4.5kg ¥1,500(目安)
ネクスガード28.3  体重 4.5〜11kg  ¥1,800(目安)
ネクスガード68  体重 11〜27kg   ¥2,000(目安)

参考までにフロントライン プラスの目安の価格も記載します。

フロントラインプラスXS  体重 〜5kg  ¥1,500(目安)
フロントラインプラスS  体重 5〜10kg  ¥1,600(目安)
フロントラインプラスM  体重 10〜20kg ¥1,700(目安)
フロントラインプラスL  体重 20〜40kg ¥1,900(目安)

フロントラインの方がサイズ展開が多いですが、値段はそこまで差はないと思います。

何度も言いますが、動物病院によって値段が異なりますので、体重や生活環境、わんちゃんの性格・好みを考慮して、どの予防薬を使用するのか獣医師さんと相談しながら選択してくださいね!

インターネットで販売されている予防薬について

前章で、価格についてお話しましたが、「1ヶ月でこの値段は高いな~」と感じている方も多いかと思います。
実は、今回紹介した「ネクスガード」や「フロントライン」は、ネットで検索すれば格安で販売しています。

しかし、はっきり言ってネットで購入することは、リスクがあります。

本来、これらの薬は動物病院で獣医師が診察をしてからお出しする薬です。
そのため、動物病院でしか販売してはいけないのです。

しかし、ネットで販売されていますよね。

これは、個人輸入という形で購入するからです。

日本では動物病院でしか処方できない薬が、海外では、ネットで安価販売されています。

日本でこれらの薬を輸入して販売することは違法なのですが、個人で使用するのであれば輸入しても違法ではありません。

皆さんが、ネットで見る”薬販売のホームページ”は、個人輸入を代行してくれるサイトです。

信頼できるサイトであれば、安くで正規品を購入することができてラッキーなのですが、中には「正規品」と書かれていてもニセモノであったり、使用期限が過ぎていたりなど個人輸入では様々なトラブルが起こることが予想されます。

もし、そのような商品を気付かずに犬や猫に使用してしまうと、命に係わるほど深刻な状態になってしまうこともあります。

予防薬は、動物病院で購入すると高くついてしまいますが、一番安心して購入、使用できます。
ネットで買うことが「絶対ダメ!」とは言いませんが、できれば信頼できる動物病院で購入することをオススメします。

まとめ

CMで話題の「ネクスガード」についてお話しましたが、いかがでしたか?

私は、以前、フロントラインを使用していましたが、おいしくあげられるネクスガードのことがとても気に入りました😘

今は、”フィラリア予防込みのノミダニ予防薬”を使用しているのですが、フィラリア予防をしない冬期のノミ・ダニ予防は、今後、ネクスガードを購入したいと思います。

これから、どんどんノミ・ダニの活動が活発化します。
人も犬も、ノミ・ダニから病気をもらうことがありますので、予防は毎月しっかりと行いましょう!
(犬の人獣共通感染症については、こちらのページへ)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。