犬の混合ワクチンって打つべき?予防できる9つの病気とワクチンの種類

みなさんのわんちゃんは【混合ワクチン】を接種していますか??

家の中で暮らしているから、必要な~い」って思っている飼い主さん!!
飼い主さんが思っている以上に、病気はすぐ近くに潜んでいますよ!!

混合ワクチンを接種することがどれだけ重要なことか!をこれからご説明いたします。
また、混合ワクチン接種の病気予防以外のメリットについてもご紹介します☺

スポンサーリンク

混合ワクチンって何?

わんちゃんを飼っている、ほとんどの飼い主さんなら「混合ワクチン」という言葉は聞いたことがあると思います。
でも、具体的にどういうものかご存知でしょうか?

とても簡単に言いますと「混合ワクチン」は、「複数の病気を予防できる注射のこと」です。

この”複数の病気”は9種類あり、中にはかかってしまうと命を落としてしまうこともある恐ろしい病気もあります。

びっくりしますよね?しかし、安心してください!
混合ワクチンのことをしっかり理解し、接種していれば予防することができます。

混合ワクチンで予防できる病気

混合ワクチンで予防できる9種類の病気の種類は以下の通りです。

犬ジステンパー
くしゃみ・鼻水・発熱などの風邪症状や嘔吐・下痢など
子犬注意

犬パルボウイルス感染症
血が混じった下痢・嘔吐・脱水など
かなり危険

犬コロナウイルス感染症
成犬では無症状の場合が多いが、子犬では下痢・脱水など
子犬注意

犬伝染性肝炎
発熱・腹痛・嘔吐・下痢・肝臓の障害
突然死の可能性あり

犬アデノウイルス2型感染症
短く乾いたような咳(カッカッって感じ)、肺炎など
二次感染で重症化

犬パラインフルエンザウイルス感染症
発熱・気管支炎・扁桃腺の腫れなど
二次感染で重症化

犬レプトスピラ症 カニコーラ
発熱・歯茎からの出血・嘔吐・下痢・尿毒症など
かなり危険

犬レプトスピラ症 ヘブドマディス
発熱・歯茎からの出血・腎炎・肝炎など
かなり危険

犬レプトスピラ症 コペンハーゲニー
黄疸(粘膜が黄色くなる)・発熱・下痢・嘔吐など
突然死の可能性あり

全て感染すると恐ろしい病気ばかりというのは、分かっていただけたでしょうか?

混合ワクチンの種類

混合ワクチンには、2種~9種ワクチンがあり、予防できる病気の種類数を選択することができます。

選択するに当たって、まず分かっていただきたいことは、“ワクチン接種は、犬の体に負担を与える”ということです。

私たちもインフルエンザの注射などをワクチンを接種するときは、病院で必ず熱を測り、具合が悪くないですか?と聞かれますよね!

ワクチン接種は、体に大きな負担を与えるので元気な体にしか打つことができないのです。

※ワクチンの副作用についてはこちら☟をご覧ください
ワクチン接種の危険性。副作用ってどんなことが起こる!?

ワクチンの種類が多い分、体への負担も大きくなりますし、費用もかさみますので何種のワクチンを接種するのか、適当な選択をすることが重要です🙌

何種のワクチンを選択すればいいのか

うちの子は何種のワクチンを選択すればいいの?
と疑問に思いますよね?

一番の決め手は、生活環境です。

✅家の中で生活している
✅外で生活している
✅よく散歩に行く
✅海や山など自然が多い所に遊びに行く
✅住んでいる地域(都会、自然が多い)

など、様々な状況から判断して決定します。

何種のワクチンを打てば良いか決める時は、ご自分で判断せず、かかりつけの獣医師さんに相談してから決めてください。

その際は、生活環境を細かく伝えてくださいね☺

★お近くの動物病院を確認☟ 予約もできます!★


※接種するワクチンの種類が決まったら、ワクチン接種をする時期を確認しましょう!

ワクチンっていつ打てばいいの?タイミングと接種前後の注意点

感染経路

ワクチンで予防できる病気がは9種類ありましたが、一体これらの病気は、どこでどのようにうつってしまうのでしょうか?

ほとんどの病気は、普通の生活をしているだけでうつってしまう可能性があります。

例えば、
●お散歩中に出会うお友達わんちゃんとのあいさつやじゃれあい中
●路上に拾われずに置きっぱなしの便、マーキングのおしっこ

こんな光景ってよく見るし、よくあることですよね?
他にも、かかってしまうシチュエーションはたくさんあります。

だからこそ、混合ワクチン接種が必要といわれるのです。

病気予防以外のメリット

これまで、混合ワクチンを接種する目的として病気予防のことをお伝えしてきましたが、メリットは他にもあるんですよ‼

最近は、トリミングサロンドッグランペットホテルわんちゃんと同伴可能な施設(カフェなど)が増えましたよね!

これらの施設は、たくさんのわんちゃんが集まる場所なので混合ワクチン接種が必須となっている場合がほとんどです。

その際に必要なものがワクチン接種証明書
これを持って行かないと、入店することさえできないこともあります。

せっかくわんちゃんと楽しめる場所があるのに、接種していないからという理由で楽しめないのはもったいないです。

混合ワクチンを接種し、色々な場所でわんちゃんと素敵なひと時を過ごしてください💕

まとめ

わんちゃんにとって「混合ワクチン」を接腫することは命を守るために、とても重要なことです‼

今まで必要じゃないと思い、受けさせていなかった飼い主さんもこれをきっかけに考えてもらえれば嬉しいです。

わんちゃんの健康は飼い主さんが守ってあげてくださいね🙏


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。